2018年 10月 17日 (水)

24時間テレビ「放送事故」で羽鳥アナがファインプレー 「視聴者の怒りが和らいだ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年8月25日から26日にかけて放送されていた「24時間テレビ」(日本テレビ系)で、中継が乱れた場面があった。その際の羽鳥慎一‏アナウンサーの対応に、賞賛の声が上がっている。

  • 24時間テレビ「放送事故」に羽鳥アナがすぐさま対応 (画像はプレスリリースより)
    24時間テレビ「放送事故」に羽鳥アナがすぐさま対応 (画像はプレスリリースより)

「まだお母さんしゃべってましたけど...」

   24時間テレビで、12歳の義足の少女・松永琴寧ちゃんが富山県・北アルプスの立山登山に挑戦するといった企画があった。番組ではその模様を中継していた。

   琴寧ちゃんは芸人のイモトアヤコさんと一緒に、26日朝5時から約10時間半かけて、約3000メートルの登頂に成功した。山頂で、琴寧ちゃんは泣きながらお母さんへ感謝の想いを伝える手紙を読んだ。

   山のふもとで手紙を聞いていたお母さんが番組の総合司会を務めていた羽鳥アナに感想を求められ、涙ぐみながら「パパも琴寧をずっと応援していたよー...」とイヤモニを通して、琴寧ちゃんに話しかけ始めたときだった。話を遮るように画面が切り替わり、日本武道館の会場にいる羽鳥さんらが映った。

   羽鳥アナは困惑ぎみに

「いいんですか、まだお母さんしゃべってましたけど...」

とスタッフに確認するかのように、下を向きながら苦言を呈した。しばらく間があって、再び羽鳥アナが「いいんですか...お母さんがしゃべっているのを遮るのはあまり...」と話す途中で、再び画面が切り替わり、芸人のひょっこりはんさんの顔が映った。

   ひょっこりはんさんがテンション高めに、

「羽鳥さーん!こちら北入り口には、宮根(誠司)さん、ブラインドダンスチームが帰ってきました!」

と武道館に到着した芸能人を紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中