2018年 11月 15日 (木)

さくらももこ「エッセイ」有名人にもファン 古市憲寿「大笑いしながら読んだ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんの訃報に、全国から驚きと悲しみの声が寄せられている。

   さくらさんは漫画のみならず、エッセイでも才能を発揮し、ベストセラーを連発した。著名人にも愛読者は多く、社会学者の古市憲寿氏と、お笑いタレントのドランクドラゴン・鈴木拓さんは、自身のSNSでエッセイにフォーカスする形で思いを綴った。

  • 古市憲寿氏
    古市憲寿氏
  • 古市氏「思わず本屋に駆け込んで、読み直してる」(古市氏のインスタグラムより)
    古市氏「思わず本屋に駆け込んで、読み直してる」(古市氏のインスタグラムより)
  • ドランクドラゴン・鈴木さん「さくらももこさんのエッセイも大好きです。凄く寂しい」(鈴木さんのツイッターより)
    ドランクドラゴン・鈴木さん「さくらももこさんのエッセイも大好きです。凄く寂しい」(鈴木さんのツイッターより)

古市「思わず本屋に駆け込んで、読み直してる」

   古市氏は27日に自身のインスタグラムを更新、さくらさんのエッセイ本「さるのこしかけ」や「もものかんづめ」などの写真をアップした。古市氏は、

「思わず本屋に駆け込んで、読み直してる。子どもの頃、大笑いしながら読んだなあ」

と投稿している。ユーザーからは、

「ほっこりしますよね。早い逝去が残念です」
「私も沢山読みました。特にコジコジを読んでいると元気になり何度も励まされました。早過ぎて悲しいです...」
「わたしも小さい頃声出して笑って読んでました。本が苦手だった私に、さくらももこ先生のエッセイは活字の面白さを教えてくれました」

といった声が寄せられている。

   ドランクドラゴン・鈴木さんは28日に自身のツイッターを更新し、

「ちびまる子ちゃんやコジコジなどさる事ながらさくらももこさんのエッセイも大好きです。凄く寂しい。御冥福をお祈り致します」

と、投稿した。

   さくらさんは1991年に初エッセイ集「もものかんづめ」を発表。以後、「さるのこしかけ」「たいのおかしら」などが相次いでベストセラーとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中