2018年 9月 22日 (土)

東方神起ファン「どうしてこんなに悲しいことを?」 セブン子会社が「平謝り」のワケ

印刷

   セブン‐イレブン・ジャパン傘下のインターネット通販「セブンネットショッピング」(セブンネット)が、韓国の人気男性グループ「東方神起」のファンへ配慮の欠けるツイートをしたとして、批判を受ける騒ぎがあった。

   騒動を受け、セブンネットの公式ツイッターは「弊社の投稿をご覧になり、不快に思われた皆様、誠に申し訳御座いませんでした」などと謝罪文を投稿した。

  • セブンネット公式ツイッターから
    セブンネット公式ツイッターから

メンバー2人のうち、1人のみハッシュタグ

   ことの発端は、セブンネットが2018年8月25日に投稿したツイートだ。同サイトで販売する東方神起のグッズを宣伝する内容で、「#東方神起」などのハッシュタグを添えていた。

   ファンの批判を集めたのは、2人いるメンバーのうち、「チャンミン」さんのみハッシュタグを添えており、「ユンホ(ユノ)」さんは無かったためだ。

   投稿は東方神起のファンらの間で拡散され、

「ただ忘れただけでしょか?それとも故意でしょうか?理由を教えていただきたいです」
「どうしてこんなに悲しい事をしてしまったのですか?東方神起は1人ではないです」

と説明を求める声が多数寄せられた。中には、

「大手企業がこんな偏った扱いをするのですね。非常に残念です。もう、今後セブンネットショッピングを利用することはないでしょう」

と不買を宣言する書き込みもあった。

セブンネットを擁護するファンも

   投稿の翌26日、批判を受けてセブンネットは投稿を削除。

「昨日の東方神起グッズの告知投稿に関しまして、弊社の投稿をご覧になり、不快に思われた皆様、誠に申し訳御座いませんでした。ファンの方々への配慮に欠けた投稿で御座いました」

などとお詫びした。

   投稿の返信(リプライ)欄には、

「なんかうるさいファンがいたみたいですみません。これからも東方神起をよろしくお願いします」
「基本的なミスなので指摘させて頂きました。配慮に欠けたと言う事はミスでは無いとお考えなのですね。うるさいファンだと言う人もいるように、ゴタゴタを引き起こす元になりますので今後は適切にお願いします」

など、さまざまな声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中