2018年 9月 20日 (木)

体操「引き抜き」疑惑に「うちの村上茉愛も」 池谷氏が明かす

印刷

   体操のリオ五輪女子代表・宮川紗江選手(18)が、日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長らから「パワハラ」を受けていたと訴えた問題で、五輪メダリストが自身の見解を披露した。

   バルセロナ五輪の銀メダリストで、タレントの池谷幸雄氏は「(体操界の)歴史が変わる。それくらい大きなこと」と訴えた。

  • 日本体操協会の公式サイト
    日本体操協会の公式サイト

「体操界では、激震です」

   今回の問題をめぐっては、速見佑斗コーチが指導中、宮川選手に暴力を振るったとして、日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けていた。

   宮川選手は2018年8月29日、都内で記者会見を開き、過去に暴力行為を受けたと認めた上で、「処分の重さは納得できない」と無期限処分の見直しを主張。協会の塚原氏らから強化態勢をめぐりパワーハラスメントを受けた、と訴えた。

   具体的には、協会が「私とコーチを引き離そうとしていると感じた」と主張。塚原氏の狙いについては、監督を務める朝日生命体操クラブに自らを引き入れるため「最初から速見コーチの過去の暴力を理由に、速見コーチを排除し、朝日生命に入れる目的なんだと確信に変わった」と考えを述べた。

   こうした会見のもようは翌30日、各局の情報番組で大々的に報じられた。日本テレビ系の「スッキリ!」では、VTR出演した池谷氏が

「体操界では、激震です。歴史が変わる。それくらい大きなこと」「今まで、その名前が出てこなかった、出せなかったという、色んな意味で表に出てこなかった」

と宮川選手を評価。「歴史からみると、ジュニアで育ってきた選手が朝日生命に移籍するということは多い」と考えを述べた。

「引き抜かれて入っている選手がたくさんいる」

   宮川選手による朝日生命体操クラブの「引き抜き」疑惑に、池谷氏は「朝日生命の方に引き抜かれて入っている選手がたくさんいるのは把握している」と見解を述べた。引き抜き行為の狙いについては、

「自分のクラブから代表選手が出ることの価値ですよね。それがどれくらいすごいことか皆さんも分かると思う。自分のクラブから出場する選手を多く作りたかったのではないかと思います」

と推測。自身の体操クラブに小学校時代から所属する教え子で、17年世界選手権の金メダリスト・村上茉愛選手(22)も引き抜かれそうになったとし、

「勧誘されているということは、うちの村上茉愛もありましたから、そういう部分はあるというのはちらほら聞きますよね」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中