2018年 11月 19日 (月)

「仙台のLAWSON素晴らしい!」と狩野英孝絶賛→実はセブン‐イレブンだった

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   お笑い芸人・狩野英孝さん(36)の「天然ボケ」に、インターネット上で「そこ間違えるんかい」とのツッコミが寄せられる出来事があった。

   狩野さんは2018年9月4日のブログで、あるコンビニの陳列棚の様子について「綺麗」「素晴らしい」などと大絶賛。「思わず写真を撮ってしまう」として、大量の商品が整然と並ぶ棚の写真をアップしたのだが...。

  • 狩野英孝さん(2017年撮影)
    狩野英孝さん(2017年撮影)
  • 当初は「ローソン」と紹介していたものの…(画像は狩野さんのブログより)
    当初は「ローソン」と紹介していたものの…(画像は狩野さんのブログより)

「やべ、店名間違えたww」

   狩野さんは4日正午過ぎ、「LAWSON」と題したブログ記事を投稿し、

「仙台のLAWSON。。 陳列が凄く綺麗。店員さん素晴らしい。思わず写真を撮ってしまう」

と興奮気味に報告。あわせて投稿された写真には、カップめんや酒類などの商品が、ほとんどズレのない状態でズラリ並んだ陳列棚が。また、棚の前で狩野さんがピースサインをしている一枚も掲載していた。

   ところが、これらの写真をよくみると、陳列棚には「セブン‐イレブン」のプライベートブランド(PB)商品が。さらには、壁にかかった時計には、「7」の形のロゴマークが描かれている。

   そのため、上記のブログ記事を紹介した狩野のツイートには、フォロワーらから「えっ、セブンじゃないん?」「セブンイレブンやろ?」といった困惑気味のツッコミが寄せられることになった。

   こうした指摘を受けて狩野さんは、ブログの公開から約25分後に、

「やべ、店名間違えたww」

と焦り気味にツイート。続く投稿では、「セブンイレブンだよ。セブンイレブン!!」と訂正の呼びかけをしていた。

「そこ肝心」

   すでに、ブログに記載されていた店名は全て修正され、記事のタイトルも「LAWSON」から「セブンイレブン」に変更されている。また、当初のブログ紹介ツイートも、あわせて削除されている。

   狩野さんの「天然ぶり」が出た今回の一幕に、ツイッター上では、

「そこ肝心 笑」
「そこ間違えるんかーいっ」
「やるなぁ!流石です」

などと笑いが広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中