2018年 9月 26日 (水)

海老蔵、台風21号の中で舞台決行 「こんなにも悩んだことは初めて」

印刷

   台風21号が西日本を中心に大きな被害をもたらした2018年9月4日。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは苦悩の末、石川県小松市での夜公演の決行に踏み切った。

   夜公演後の小松市は「暴風圏も抜けて激しい雨でも風でもなく普通の雨の日くらい」の天候は落ち着いていたというが、来られなかった客には払い戻しの対応をするという。

  • 市川海老蔵さん(写真は2016年撮影)
    市川海老蔵さん(写真は2016年撮影)
  • 台風21号が吹き荒れる中、公演は大盛況(画像は海老蔵さんのインスタグラムより)
    台風21号が吹き荒れる中、公演は大盛況(画像は海老蔵さんのインスタグラムより)

「一人でもご覧になりたい方がいらっしゃれば」

「こんなにも舞台を行うか行わないかで悩んだことは初めてでした」
「色々意見あるとは思いますが私は小松公演をして良かったと思っています」

   4日、海老蔵さんは夜公演を終えて、インスタグラムを更新した。朝の時点で夜は台風21号直撃との予報があった。だが、決行に踏み切ったのにはこんな思いがあった。

「近くにお住まいでどうしても見たい方もいらっしゃると思っております。私としましては、一人でもご覧になりたい方がいらっしゃれば舞台を勤めたい、という思いです」

   4日当日、「緊急避難勧告が出たら潔く中止にしよう」と考えていたが、昼の部終了時点で思ったよりも多くの客が来ていた。また、緊急避難勧告も出ず、終演時にはある程度台風が通過しているという予測もあったため、開催を決めたという。実際、夜には台風は通過し、小松市は暴風圏からも抜けており、「なんとか無事に終わりました」と振り返った。

「公演前後の事まで考え手厚い対応策」「神対応」

   4日朝の時点で、海老蔵さんは夜公演に来られない客には払い戻しをすると伝えていた。

「夜の部はご覧になりたい方はお越しくださいませ、そしてどんな理由であれお越しになれないお客様には夜の部払い戻しの対応をさせていただこうと思います」

   ファンを思っての舞台決行と払い戻しの対応には、賞賛の声が多数寄せられている。

「最高でした!台風の中有り難うございました」
「公演前後の事まで考え手厚い対応策まで...その優しさに感動します」
「神対応でしたね お疲れ様でした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中