2018年 11月 19日 (月)

11年ぶり 「ダーティペア」新作にファン歓喜

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   小説家の高千穂遥さんがツイッターを更新し、SF小説シリーズ「ダーティペア」の新作を2018年中に発売すると投稿した。

   前作「ダーティペアの大帝国」から約11年ぶりの新作の発売にファンからは心待ちにする声が集まっている。

  • 「ダーティペアの大帝国」(著・高千穂遥/ハヤカワ文庫JA)
    「ダーティペアの大帝国」(著・高千穂遥/ハヤカワ文庫JA)

80年代にアニメ化された老舗SFシリーズ

   9月4日、高千穂さんはツイッターを更新し、

「ダーティペアシリーズの新作『ダーティペアの大跳躍』が年内に出版されることになった。早川書房ね。いま安彦良和さんがイラストを絶賛作画中(のはず)」

と告知した。

   「ダーティペア」は早川書房が発行しているサイエンス・フィクション専門の雑誌「S-Fマガジン」の1979年2月号に掲載。80年に文庫本「ダーティペアの大冒険」が発行され、2018年現在までにシリーズ本編が7作、外伝が1作発売されている。

   1985年には日本テレビ系でアニメが放送、87年には劇場アニメが放送されるなどのメディア展開で知名度を高めた。

   ダーティペアことケイとユリの女性2人組が宇宙を舞台に犯罪などの事件を解決する物語だ。

   J-CASTニュース編集部は2018年9月5日、早川書房の担当者に取材した。高千穂さんの投稿が事実であるかを聞くと、

「事実です」

と内容を認めた。

   ツイッターでは、作品のファンから多くの反応があがっており、

「待ってました!!」
「グッドニュースです!」
「平成最後のダーティペア」

など発売を待ちわびる声が寄せられている。

(J-CASTニュース編集部 大山雄也)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中