2018年 9月 19日 (水)

日ハム・谷口雄也のコメにファン「泣きそう」 地震直後の2軍戦で「北海道を...」

印刷

   プロ野球・日本ハムの谷口雄也選手(26)が2018年9月6日、鎌ケ谷スタジアム(千葉県)で行われたファーム公式戦のヒーローインタビューで、北海道で同日未明に発生した地震についてコメントした。

   「北海道を元気づけたいという思いがあった試合でした」――。こうした谷口選手の前向きな言葉に、ファンからは「ありがとう」「泣きそうになった」との感謝の声が相次いでいる。

  • 谷口選手(画像は北海道日本ハムファイターズ公式サイトより)
    谷口選手(画像は北海道日本ハムファイターズ公式サイトより)

「僕たちができることは...」

   最大震度7を観測した地震発生から、わずか半日後。日ハムの2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムでは、横浜DeNAを迎えてのイースタン・リーグ公式戦が開催された。

   試合は、リードが何度も入れ替わるシーソーゲームを制した日ハムが7-5のスコアで勝利した。ヒーローインタビューには、8回に逆転のタイムリー三塁打を放った谷口選手が登場。言葉に詰まりながらも、今回の地震について次のような思いを語った。

「今日の朝方、北海道で地震がありました。僕たち北海道の野球チームが、遠く離れたところで(野球を)やっていてもいいのかなって、正直僕は朝に思いました。

ですが、いまも余震やライフラインが中々戻っていない状況で、僕たちができることは...。この鎌ヶ谷から、(ファンに向けて)ファイターズの選手、頑張っているんだぞって。どうにか、北海道を元気づけたいという思いがあった試合でした」

   こうしたインタビューの模様が、試合を中継したスポーツ専門局「GAORA」(CS放送)の公式ツイッターで伝えられると、日ハムファンからは、

「ゆうやくんありがとう...涙出る」
「実際被災してみると、そんな一言が心にしみるなぁと思いました。改めてありがとう」
「ありがとう! 必ず一軍に上がって来てね!北海道にパワーを与えてください」
「谷口きゅんのコメントが泣きそうになった」

といった感謝のリプライ(返信)が寄せられた。

日ハム球団もコメント発表

   なお、日ハム球団も6日午後のツイッターで、今回の地震を受けてのコメントを発表。「被害に遭われました皆さまに対し、謹んでお見舞いを申し上げます」とした上で、

「北海道日本ハムファイターズは今後も愛する北海道、ここに暮らされるファンや住民の皆さまに寄り添い活動してまいります。なお、監督、コーチ、選手、球団職員、スタッフ全員の無事が確認できましたことをご報告申し上げます」

と伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中