2018年 11月 16日 (金)

「アルバイトですか?」→「アホ死ね」 朝青龍のリプライがまたも剛速球

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   元横綱・朝青龍さん(本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ)(37)の、一般ファンに対するリプライが注目を集めている。

   有名人ながら、自らリプライに返信。その内容がネット上で笑いを誘っているのだ。

  • 朝青龍さんのツイッターより
    朝青龍さんのツイッターより

変わらぬマッチョボディを披露すると...

   朝青龍さんは、2011年10月にツイッターを開設。2018年9月7日時点で5万を超えるツイートをしてきた。母国・モンゴル語での投稿もあるが、相撲で慣れ親しんだ日本に向け、日本語でツイートすることもある。ツイッター上では、朝青龍さん自ら行うリプライが日頃から人々の関心を引き寄せている。

   例えば、18年9月4日のツイート。太くたくましい筋肉隆々の腕を出し、ドリルで地面を掘削する様子を投稿した。

「仕事何でもやる!」

その後、掘り上げた地面を腕に持つ姿も投稿した。

   こうした一連のツイートに対し、

「アルバイトですか?」

とイジられる。すると朝青龍さん本人が「アホ死ね」と返信。なお、7日時点で削除されている。

   朝青龍さんのフォロワーは24万人にも及ぶ。朝青龍さんのような有名人には日頃、軽く100を超える多くのリプライが寄せられるが、一般人のリプライに返信することは多いとは言い難い。だが朝青龍さんはしばしば、返信を行っている。

過去にも「宮崎牛、美味しいよね~」に...

   返信は今回だけに限らない。17年11月には、「宮崎牛や ごちそさま」と味わっている様子をツイート。「宮崎牛、美味しいよね~」とリプライが来ると、

「不味い」

と一蹴。

   また、同年10月には「ぶさいく!」と犬の顔写真を公開。「レオンくんは元気ですか?」と朝青龍さんが飼っていたと思われるペットの様子を尋ねられると、

「死んだ」

と淡泊に一言。

   こうした返信がツイッター上で

「クソ笑った」
「草」

と注目を集めているが、なかには

「簡潔で分かりやすくてよいな」

とあっさりとした感想が逆に良い、という感想も見られた。

   朝青龍さんと言えば、言わずと知れた元大横綱。幕内優勝25回は歴代4位、最高番付は第68代横綱だ。1999年の1月場所で初土俵を踏み、2010年に現役を退いた。

   

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中