2020年 1月 18日 (土)

返済期限切れ1兆円! 赤信号が点滅し始めた中国クレジットカード

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

10年で発行枚数は4倍、ローン残高は35倍に

   中国最大のオンラインクレジットカード管理プラットフォーム「51クレジットカード」が明らかにしているところによると、カード所有者の借入金のうち、「不良率」(返済期限超過90日以上)は6~10%の間である。これは、多くの人が直感的に感じている割合をはるかに超えている。

   一方、ここ数年、各大手銀行もクレジットカード市場のうまみに着目し、カード発行に狂奔した。その結果、2008~2017年の10年間に、カード発行量は1.42億枚から5.88億枚と4倍増となった。これに伴い、同期間のカードローン残高は1582億元 (約2兆7000億円)から5.56兆元(約95兆円)へと、実に35倍に急増した。

   しかも、中央銀行が発表した最新情報によると、この狂奔はさらに激しさを増しているようだという。

   ここで思い起こされるのは、やはり米国のサブプライム危機だ。危機が勃発する前に、多くのローンによる住宅購入者が銀行の差し押さえを避けるために、クレジットカードで月々の返済を行い、2007年の全米の5、6月のクレジットカード残高の伸び率は年率換算で11%に達し、それは5年来で最高の伸び率だった。

   「現在の中国が2007年当時の米国の状況に似ていて、危機勃発の前夜の状態にある」と、中国国内であえて口にする人は、当然のことながら少ない。しかし、増え続ける期限超過クレジットカードのローン残高が、リスク到来の可能性を示しているのは間違いない。

(在北京ジャーナリスト 陳言)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中