2018年 12月 13日 (木)

桐島ローランド「未だ純血主義」「島国根性辞めて」 大坂なおみへの一部反応に苦言

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   テニスの全米オープンで、日本人初となる優勝を飾った大坂なおみ選手(20)。世界ランク19位の大躍進に国内外で賞賛の声が相次いだ。

   一方、一部で大坂選手の出自をあげつらうような書き込みがあったとして、写真家の桐島ローランドさん(50)は「いい加減この島国根性辞めて欲しい」と非難している。

  • Carine06撮影(WikimediaCommonsより)
    Carine06撮影(WikimediaCommonsより)

「もう21世紀だよ?いい加減この島国根性辞めて欲しい」

   大坂選手は大阪市出身。日本人の母とハイチ系アメリカ人の父の間に生まれ、3歳からアメリカに移り住む。現在はフロリダを拠点に活動している。

   そのため日本とアメリカの国籍を持つが、2020年の東京五輪は「日本代表」として出場すると本人は明言している。

「案の定『大坂なおみは日本人じゃない』『日本人に見えない』とか書いているツィート見かける」

   大坂選手が日本人初の四大大会(全米、全豪、全仏、ウィンブルドン)制覇を成し遂げた2018年9月9日、桐島ローランドさんはこうツイートした。大坂選手の優勝を受け、一部の国内ツイッターユーザーからは生い立ちをめぐる差別的な投稿が上がっていた。

   自身もスコットランド系の父親と日本人の母親を持つ桐島さんは、サッカー・フランス代表を例に「半数近くの選手が移民の親を持つ二世や混血なんだよね」と指摘。その上で、「なんか日本って未だ純血主義で驚く。もう21世紀だよ?いい加減この島国根性辞めて欲しい」と呆れ返った。

   ツイートは10日現在で2万2000「いいね」と反響を呼び、共感の声が多数寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中