2018年 11月 17日 (土)

塚原夫妻、再び反撃ムード? TBS取材に自信「精神的に強い人はパワハラと...」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   日本体操協会の塚原光男副会長(70)と塚原千恵子・女子強化本部長(71)夫妻が「ビビット」(TBS系)のインタビューに応じ、リオ五輪代表の宮川紗江選手(17)からパワハラを告発されている中で、光男氏は「精神的に強い人は大してパワハラと思わないし、弱い人は『あんたダメよ』くらいに言っただけでもパワハラと感じます」との認識を示した。

   パワハラ問題で第三者委員会に調査される身だが、千恵子氏は「私は自信ありますよ」として自らに非がないことを強調した。塚原夫妻の姿勢にインターネット上では「反省は伝わってこない」といった声もあがった。

  • 宮川紗江選手のフェイスブックから
    宮川紗江選手のフェイスブックから

「僕は教育的指導だと思って言っています」

   2018年9月10日放送の「ビビット」では、塚原夫妻が8日に応じたインタビューを放送。宮川選手が夫妻のパワハラを告発した8月29日の会見を見て、「違うと言ってもまた叩かれる。子供対大人で、子供がかわいそうとなるから、私はマスコミに出ないことにしました」と思うところが多いことをいきなり匂わせた。

   宮川選手は、夫妻に呼ばれた7月の面談が「高圧的だった」と主張しているが、千恵子氏は「年齢差があり、威圧感はあったかもしれない。でも話し方はこんな(温和な)感じです。だから私は自信ありますよ。第三者委員会に呼ばれても、私は絶対に声をあげたり、『あんたこうしなさい』と言ったりしたことはないので、自信あります」と非がないことを強調した。

   光男氏は「『高圧的』というのは、『暴力を肯定するような指導者は、優秀な指導者ではありません』と僕の理論を言いましたので、そのことじゃないかな」と推測すると、

「僕は教育的指導だと思って言っています。相手が高圧的に指導を受けたと思ったなら分かりません。相手にもよるでしょう。精神的に強い人は大してパワハラと思わないし、弱い人は『あんたダメよ』くらいに言っただけでも、パワハラと感じます。パワハラの概念がはっきりまだ確立されていない」

と主張した。問題が表面化してからの自身らの言動についても、「我々はやるべきことをやった。全然間違っていない」と自信を見せている。

   こうした夫妻の主張に、番組スタジオでは、ジェンダー法などが専門の谷口真由美・大阪国際大学準教授が疑問を示した。「パワハラは基本的に上下関係、圧倒的な力関係を背景として起こります」とすると、

「真綿で首を絞めるようなパワハラもありますが、それだけでなく、『あなたのことを思ってるのよ? だからこうしなさいね?』と言うのがパワハラにつながることもあります。受けた側の取り方が一番なので。こちら(加害側)から見たら『それくらいのことはパワハラじゃないでしょう』と思うことでも、ご本人(被害側)が嫌だと思ったらハラスメントは発生します。概念は、はっきりしています」

と述べている。

「引き継いでやってくれる方がいれば、いつでもどうぞ」

   スポーツ文化評論家の玉木正之氏は番組で、「長い歴史で築かれた(塚原夫妻の)力はすごく大きいというのを、もう少し自覚していただきたい」としたほか、「(自信が)あるなら記者会見を開いて堂々としゃべってもらいたい。宮川さんに話を聞いてもらえていないなら、なぜ自分たちがそういう立場になったか、気付いてほしい」と眉をひそめた。

   ツイッターやインターネット掲示板では、「個人的には塚原夫妻に悪い印象はない」といった声もあったが、どちらかといえば、「俺は悪くない的言い訳やないか」「先日文書で『宮川選手に直接謝りたい』と、報道で見た気がしますが、どう聞いても自分たち擁護で、反省は伝わってこない」と反発する向きが多かった。

   今後は、塚原夫妻の進退問題の議論も本格化すると見込まれる。同番組インタビューで千恵子氏は「現場がなければ権威や権力なんて欲しくない」、光男氏も「全然執着していない」と発言。経営する朝日生命体操クラブでの指導を優先し、協会のポストにはこだわらない考えのようだ。

   むしろ「これだけ騒がれているから、私をどかす形で協会は考えていると思う」と千恵子氏が言うように、退けられることを見越しているようでもある。だが、その上で光男氏は、

「どなたか引き継いでやってくれる方がいれば、いつでもどうぞ。でも本当にそれでいいんですか? 日本は今度(10月)の世界選手権を戦えますか? 僕はそれが本当に心配。辞任するとかしないとかは大きな問題じゃない」

と自分たちを外すリスクを、どこか人を食ったように主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中