2019年 12月 13日 (金)

玉城デニー氏、意外な特技の「ギター」 プレイはファンキー、ボーカルも

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   沖縄県知事選への立候補を表明している衆院議員の玉城デニー氏がライブを行った。

   自らギターを手に、バンドを従えて演奏を披露。果たしてその腕前は――?

  • 翁長タケハルさんのツイッターアカウントより
    翁長タケハルさんのツイッターアカウントより

今も月1~2度はバンドで演奏中

   2018年9月9日、玉城氏は沖縄・うるま市地域交流センターで「玉城デニー ライブandトークショー」題したイベントを開催した。

   ここでは有権者とのクロストークや地元出身のシンガーソングライターの海勢頭豊(うみせどゆたか)さんによるパフォーマンスも行われた。

   玉城氏は月に1度か2度、知り合いのスタジオに集まりバンド活動を楽しんでいるそうだ。公式サイトによると、議員になる前は音楽関係企画事務所の勤務を経てラジオパーソナリティーを務めるなど音楽との関わりがあったほか、沖縄県にゆかりのあるバンドや音楽ユニットの作詞協力も行っている。

   この日、「しおせんべいバンド」と名付けられたバンドで、ボブ・ディランさんの「見張塔からずっと」、ジェフ・ベックさんが在籍していたことで知られるハードロックバンド「ベック・ボガート&アピス」の「スウィート・スウィート・サレンダー」、スティービー・ワンダーさんの「迷信」を披露した。

   玉城氏は自らがボーカルを取り、故・ジョー山中さんを彷彿とさせる鋭く、キレのあるボーカルとファンキーなギタープレイで聴衆を沸かせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中