2019年 12月 7日 (土)

巨人はなぜ松井秀喜を監督にできないのか 疑問の「続投要請」その内幕

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

松井入閣なら「あの人」がまず監督に?

   今後、松井氏の巨人監督はありえないのだろうか。松井監督誕生の可能性についてプロ野球の関係者は次のように語った。

「いまの状況だと、いきなり監督は難しいだろう。指導者の経験がないまま監督になるのはあまりにリスクが高い。はじめはコーチとして経験を積み、それから監督という流れがベスト。段階を踏まないと。プロの世界はそんなに甘くはない。もし松井がコーチとして巨人に戻るのならば、監督は中畑だろうね。中畑は松井が現役時代に2年間、打撃コーチとして指導したこともってお互いに信頼関係があるから。何年かコーチをやってから監督になるのがスムーズな流れだと思う」

   シーズン終了後に巨人は高橋監督に正式に監督続投の要請をする。高橋監督がこれを受けるかどうかは別として、フロントが本気で若手の育成を望んでいるのならば複数年契約となる可能性は高い。松井監督待望論が上がる中、高橋監督続投を決断した巨人に栄光はあるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中