2019年 1月 17日 (木)

安室引退、一部迷惑ファンに地元悲鳴 駐車場を勝手に占拠...「買い物できない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   歌手・安室奈美恵さん(40)のラストライブ、引退関連イベントに参加した一部ファンの「迷惑駐車」が、会場の沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)周辺の商業施設を悩ませている。

   今回の公演では駐車場の用意がなく、主催者側も「自家用車でのご来場は一切お断りしています」と告知していた。にもかかわらず、ホテルや空港などから車で会場へ向かう客が続出。近隣の駐車場が「占拠」され、一般客が利用しづらい事態となっているのだ。

  • 安室奈美恵さん(C)FAMOUS
    安室奈美恵さん(C)FAMOUS

一般客「車が停められない」

   2018年9月16日、安室さんは25年の歌手生活に幕を閉じる。それに合わせて、宜野湾市の会場で実施されるのが「WE (ハート) NAMIE HANABI SHOW」と題したイベントだ。

   15日に同会場で行われた「前夜祭」では、安室さんが「ラストライブ」を披露。チケットを持つ3500人の観客に加えて、周辺には場内からの「音漏れ」を目的とした熱心なファンが殺到。報道によれば、その数は1万人に達したという。

   主催者側は、翌16日の本イベントに安室さんの出演はないと告知している。しかし、ファンの間では「サプライズ登場」を期待する声が広がっており、この日も夕方の開場前から多くの観客が現地を訪れている状況だ。

   このように、安室さんの引退フィーバーにファンが沸く一方で、会場周辺では「迷惑駐車」が続発。車を停められない一般客から苦情が出るなど、近隣の商業施設が対応に追われているのだ。

   会場から徒歩10分ほど離れた場所にあるスーパーの担当者は16日、「昨日からずっと酷い状況が続いていて...。この周辺の施設は、どこも似たような状況だと思います」とポツリ。その上で、

「一般のお客様から『車が止められない』とのクレームが来ている状況です。やはり、安室さんのイベントが目的で来られる方はレンタカーが多いので、レンタカー業者に状況を連絡し、本人に取りに来るよう伝えて貰っています」

とも話していた。

満車なのに「お店の中ガラガラ」

   会場から徒歩7分ほどのアトラクション施設の支配人も、「やはりうちでも、ライブ客の駐車が多く、一般のお客様をご案内できない状況が起きています」とため息。主催側の対応についても、

「事前に一切の連絡もなかったですし、後手後手の印象を受けてしまいます。こちらから催促して、ようやく今日(16日)から警備員を出してくれました。前の日は、こっちの自腹でスタッフを割かざるを得ない状況でしたからね」

   ただ一方で、「他はさっぱりですが、カラオケの利用客は多いです。普段の3~4倍くらいですかね。そこだけは助かっています」とも話していた。

   また、会場近くのショッピングモールでは15日、1000台以上が停められる大型駐車場が全て埋まった。当日に店を訪れていた客はツイッターで、満車の表示を映した写真をアップしながら、

「駐車場全部満車やのにお店の中ガラガラなんやけど」

と指摘していた。

   実際、ツイッター上にも、会場近くに住むというユーザーから、

「家の近くのスーパーも満車。食材の買い物できない」
「買い物行ったら、駐車場レンタカーばかり 沖縄県民には迷惑しかない」
「ズボン探しに来ただけなのに安室ファンの観光客が多すぎて店入れん」

といった不満の声が数多く寄せられている。

「同じファンとして恥ずかしい」

   もちろん、大部分のファンは主催側が事前に案内していた通り、バスやモノレールなどの公共交通機関や臨時の会場直通シャトルバスを利用して会場を訪れていた。それだけにネット上には、同じ安室さんのファンの間でも、

「安室ちゃんファン全員の印象が悪くなります!公共交通機関使いましょう」
「同じファンとして恥ずかしいし、心が痛いな 関係ない方たちに迷惑かけちゃダメでしょ」

といった声が出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中