2019年 3月 26日 (火)

「ZOZOTOWN」前澤社長、月旅行・米ゴルフツアーの次はMLB買収か

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が米ゴルフ界に進出することが判明した。スタートトゥデイが大会冠スポンサーとなり、米男子プロゴルフツアーを日本で開催することが内定したと、2018年9月19日付けのスポーツ報知が報じた。スポーツ報知によると、2019年10月に千葉県内での開催に向けて調整中だという。

   民間人として世界初の月周回旅行を1000億円超で契約し、世間をあっと言わせた前澤氏の次なる野望は米ゴルフ界への進出だった。ゴルフが趣味で、「ZOZOTOWN」でもゴルフウェアを販売している。その趣味をもビジネスに展開してしまうのが、前澤氏のセンスなのだろう。前澤氏のサプライズは日本ゴルフ界に何をもたらすのだろうか。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

大富豪にとっては高くはない買い物

   米ツアーを日本で開催するにあたって一番のネックとなっていたのが多額の大会運営費。1試合で10億円を超えるとされる費用を一企業が捻出することは難しく、スポンサードしてくれる企業はなかなか見つからなかった。そんな中、名乗りを上げたのが前澤氏だ。2012年に東証1部に上場したスタートトゥデイの時価総額は1兆4569億3700万円とされ、資産2830億円ともいわれる大富豪にとっては決して高くはない「買い物」だろう。

   米ツアー日本開催はまだ内定段階だが、これに対するゴルフ関係者の期待は大きい。実現すれば、タイガー・ウッズ(米国)をはじめとする世界最高峰のプレイヤーのプレーを直接見る機会に恵まれる。女子ゴルフに比べ人気で劣る男子ゴルフだけに、人気復活の起爆剤としたいところ。一方で、2020年東京五輪でメダルを狙っている海外選手にとっても日本でのプレーは意義がある。

   ゴルフ界に電撃参戦を果たした前澤氏のもうひとつの野望が、プロ野球の球団を持つことだ。7月17日には自身のTwitter上で、「プロ野球球団を持ちたいです」とコメント。既存の球団を買収するのか、新たな組織編制を提案し、自身のチームを作って参入する意向なのかは不明だが、「シーズン後に球界へ提案するプランを作ります」との計画を明かしている。

   千葉出身の前澤氏は、2016年12月に地元のマリンスタジアムの命名権を獲得し「ZOZOマリンスタジアム」と名称を変更。球団を買収するならば千葉ロッテが有力と見られているが、球団を買収するにせよ、チームを作って参入するにせよ、日本球界に参入するのはそう簡単ではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中