2019年 10月 19日 (土)

貴乃花は「駄々っ子みたい」 デーブ、協会は「みみっちい」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   貴乃花親方(46)が日本相撲協会に引退届を提出した騒動で、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんは、親方と協会に対して「お互い全く大人げない」と指摘した。

   デーブさんは2018年9月26日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演。協会を「みみっちい」、貴乃花親方を「駄々っ子みたい」などとして、双方を咎めた。

  • 9月25日に会見した貴乃花親方
    9月25日に会見した貴乃花親方

「封建時代じゃないんだから」

   貴乃花親方は25日夕に会見を開き、引退届を提出したこととその理由を説明。協会は全親方が5つの一門いずれかに所属しなければならないと決めたが、貴乃花親方は、弟子・貴ノ岩への暴行事件における協会の対応を問題視した「告発状」の内容について事実無根と認めなければ、一門に入れないと圧力をかけられたという。そのため同親方は「真実は曲げられない」として引退を決断したとしている。

   デーブさんは「とくダネ!」で、「締め出し感がありますよね。封建時代じゃないんだから、そんな一門にこだわって...」と協会のやり方を疑問視した。

   芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は25日夜に開いた会見で、一門加入強制の理由について「一門に支給する補助金の使途を確認する必要があり、無所属だと透明性の確保が難しい」などと説明したが、デーブさんは

「透明性に関わるといっても、相撲協会に誰も透明性を求めていないし、あるとも思っていないから、それもおかしな話です」

と皮肉を放った。さらには、

「(貴乃花親方が)この若さで辞めるのはあまりにも惜しいし、もったいない。告発状は取り下げたのだから、相撲協会も、みみっちいですよ。事実無根とそこまで言い張るのは」

と協会を批判。告発状は3月9日に内閣府公益認定等委員会に提出されたものの、ほどなく取り下げている。

   また「相撲協会に危機感がない」とし、「NHKから毎年何十億円(の放映権料)が入ってくるわけですから。ファンもがっかりとか離れるどころか、毎回観に行っています。相撲ファンは相撲が大好きなんです。何が起きようがそこまで気にしてないんです」と運営の甘さを指摘。その上で、

「思うんだけど、公益法人というのはもう無理です」

と見解を述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中