2018年 12月 12日 (水)

本人否定も...「協会寄り」イジられる横野レイコ氏 「代弁者じゃないんですか?」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   貴乃花親方の「引退」問題をうけ、リポーターの横野レイコ氏の報道姿勢に対して社会学者の古市憲寿氏が「(相撲協会の)代弁者じゃないんですか?」とツッコミを入れる一幕があった。

   「とくダネ!」(フジテレビ系)でのやりとりで、これに対し横野氏は「はい。ない」ときっぱり否定した。

  • 貴乃花親方への評価をめぐりバトル?(2018年9月25日撮影)
    貴乃花親方への評価をめぐりバトル?(2018年9月25日撮影)

「私、別に協会寄りでも何でもなく...」

   2018年9月27日放送の「とくダネ!」では、貴乃花親方の引退をめぐる騒動の続報を伝えた。5人のゲストらが一列に並び、向かって左端に横野氏、その横に貴乃花の兄で元横綱の花田虎上(まさる)氏、さらに女性司会者をはさんで次に古市氏が座った。

   横野氏は、貴乃花について、決めたことは曲げない人物だと指摘しつつも、「今後も相撲に関わっていきたい」としていることを受け、

「もしかしたら、協会に戻る可能性も全くないこともない、と期待しちゃったところもある」

と話した。

   そんな横野氏に古市氏は

「横野さん自身は、貴乃花に協会にいて欲しいのか、それとも追い出せて嬉しいという感じ?」

と質問をぶつけた。古市氏は以前から、横野氏が貴乃花に批判的だと感じていたようで、4月19日放送の「とくダネ!」でも、貴乃花一門の看板を下ろすことになったことを受け、「貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか」と指摘し、複数のスポーツ紙(ネット版)がその模様を報じていた。

「私、別に協会寄りでも何でもなく...」

   古市氏の今回の質問に対し、横野氏は

「そんなこと思うわけないじゃないですか」

と笑いながら否定し、協会に残ってほしいと思っていた、と説明した。2人のやりとりは続く。相撲協会が「一門に所属しないといけない」と申し合わせたことについて、横野氏が「急いでいるのかな、という印象を持っている」と否定的な見解を示すと、古市氏は

「横野さんでさえも、嫌がらせに見えた?」

と、「さえも」と強調する表現を使って問いただした。横野氏が苦笑いを浮かべながら

「そうですね。私、別に協会寄りでも何でもなく...」

と答えている途中で、古市氏は

「(協会の)代弁者じゃないんですか?」

と追加質問。横野氏は

「はい。ない。協会からお金もらっているわけでもないので」

と否定した。古市は「ふふ」と軽く笑い声をもらしながら聞いていた。このやりとりの間、2人にはさまれていた花田氏と司会の山﨑夕貴アナは、無表情で話を聞いていた。もっとも、横野氏は

「貴乃花親方の行動でいけないなと思ったこともあるけど、今回に関しては協会も急ぎすぎた」
「貴乃花親方も折れないところもあったりして、突っ張りすぎた両者が招いてしまった不幸」

と、協会への苦言と並列ながら、貴乃花の姿勢へ釘を刺すことも忘れなかった。

日刊ゲンダイは「貴乃花の仮面を剥ぐ」緊急連載

   横野氏をめぐっては、前日26日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、貴乃花が25日の会見で協会からの圧力を指摘したことに対し、「空気で思い込んでいらっしゃる部分があると思う」と否定的な発言をし、司会の坂上忍氏から「えー!」と違和感を表明される、といった場面があった。

   こうした一連の流れもあってか、27日の放送での横野・古市両氏のやりとりが放送されると、ツイッターには、

「古市さん、ありがとう。よく言ってくれました」
「横野レイコのコメントは、いちいちトゲがあって協会ベッタリ感がありあり」

と、古市氏の指摘を歓迎する声が相次いでいた。ただ、貴乃花に対して批判的な声を挙げているのは横野氏だけではない。今回の騒動をうけ、たとえば夕刊紙の日刊ゲンダイは、9月26日発売(27日号)分から、「トンズラ退職 貴乃花の仮面を剥ぐ」という、批判的な緊急連載を始めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中