2019年 12月 9日 (月)

ずっと生中継してたのに... 吉澤ひとみ「保釈の瞬間」CM中だった残念テレビ局たち

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   吉澤ひとみ被告の保釈。民放キー局各局は、「その時」をとらえようと、吉澤被告が出てくる予定の警察署の職員用通用口とみられるドアやその周辺のアップを何度も生放送した。中には保釈の1時間30分以上前から、幾度となく署前の「LIVE」中継を流す局もあった。

   そして、その瞬間が訪れた。吉澤被告がドアから出てきた。しかし、その時CM中でした――というテレビ局も複数あり、無念そうに録画映像を紹介するアナウンサーもいた。一方で、ほぼ生中継に成功した局もあった。その局は......

  • 保釈された吉澤ひとみ被告(2014年撮影)
    保釈された吉澤ひとみ被告(2014年撮影)

警察職員が防犯ポスターをはる様子も放送

   吉澤被告が「保釈金を納め、ほどなく釈放へ」というニュースは、2018年9月27日15時過ぎごろから流れ始めた。民放キー局4局のうち、最も早く夕方のニュース番組が始まったのはTBS系の「Nスタ」(15時49分~)。

   冒頭から、吉澤被告のニュースで、警視庁原宿署前からの「Live」映像が流れ、ワイプ画面のスタジオ陣が「ほどなく保釈」の状況を説明していた。その後、約18分にわたり、警察署裏口の通用口とみられるドアのアップや、引きの画面が何度も映された。警察職員が、将棋の藤井聡太・現七段が写った「振り込め詐欺 撲滅」を訴えるポスターを貼る場面も映った。

   その後も、数秒から6分程度の「Live」中継が断続的にあった。スタジオで、吉澤被告事件の経緯を振り返るコーナーの際も、ワイプで通用口の「Live」映像が流れるほどの力の入れようだった。

   そして17時30分、現場の「Live」場面が数秒映ったあとCMへ。CM明けの32分。「動きがありました」というアナウンサーの説明とともに、歩いている吉澤被告の後姿の映像が。ほどなく被告は、黒いワンボックスカーに乗り込み、署の敷地から出ていった。国山ハセン・アナは

「後姿が確認できました。いったい、どういう表情で出てきたのか、何(という言葉)を発したのか、私たちには分からないのですが...」

   と無念そうだった。その後、34分になって、吉澤被告が白シャツ姿で出てくる録画映像が紹介された。勿論、画面に「Live」の文字はない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中