2019年 8月 25日 (日)

9月の日銀短観、3期連続で悪化

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2018年10月1日、日本銀行が発表した9月の全国企業経済観測調査(短観)によれば、景気の転換点を見るのに用いる業況判断指数(DI)が大規模・製造業で3四半期(9カ月)連続で悪化した。前回6月調査から2ポイント悪化し、プラス19。

   3四半期連続での悪化はリーマンショック前後、07年12月調査から09年3月調査にかけて6四半期連続で悪化して以来。非製造業も8四半期(2年)ぶりに悪化し、6月調査から2ポイント悪化のプラス22。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中