2021年 8月 2日 (月)

他の受験生の願書が「丸見え」 慶應SFCがAO入試トラブル

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大学入試の出願が紙からウェブに移行する中、ウェブサイトに入力した願書がシステムトラブルで他の受験生に漏洩する事案が起きた。

   漏洩したのは、学業以外にも文化、スポーツ活動などで受験生の能力を多面的に見る「AO入試」の願書。いわゆる「個人情報」に加えて、志望動機や個人的な業績が記された願書が漏洩したことになり、受験生へのダメージも大きい。

  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)。日本で初めてAO入試を導入したことで知られる
    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)。日本で初めてAO入試を導入したことで知られる
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)。日本で初めてAO入試を導入したことで知られる

生年月日、写真、国籍、緊急連絡先、学歴などの活動記録...

   漏洩が起きたのは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部と環境情報学部のAO入試。SFCは国内で初めてAO入試を導入したことで知られる。1期と2期の2回に分けて募集される2019年4月入学予定者のAO入試のうち、1期で問題が起きた。

   1期の出願では8月3日15時までにウェブサイトに入力し、「調査書」などの証明書類を8月4日までに郵送する必要があった。慶應義塾広報室によると、漏洩は締め切り直前の8月3日の8時30分から10時30分頃にかけて起き、同日中に受験生5人から指摘があって発覚した。

   漏洩した可能性があるのは、(1)入学志願票 (2) 活動報告(3)志望理由・入学後の学習計画・自己アピール(4)任意提出資料、のいずれか。具体的な項目としては、受験生の氏名、生年月日、写真、国籍、緊急連絡先、学歴、コンクールや懸賞論文などの活動記録、取得した資格、志望理由を書く作文など多岐に及ぶ。

   サーバーのログ解析の結果、願書が漏洩した(他の受験生に見られた)可能性がある人が最大72人で、他の受験生の願書を見てしまった可能性がある受験生が最大94人。両方に該当した人も35人いる。願書を出していない受験生や、それ以外の第三者への漏洩の可能性はないと説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中