2019年 10月 18日 (金)

旭鷲山が出てくると「余計ややこしくなる」 賠償「僕が払う」宣言にツッコミ殺到

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大相撲の元小結・旭鷲山氏が2018年10月5日の「ビビット」(TBS系)で、元横綱・日馬富士が請求されている賠償金を「肩代わり」してもいいと発言したことに、インターネット上で「それは違う」とツッコミが殺到している。

   巡業中の暴行傷害事件をめぐり、被害者の幕内・貴ノ岩が元日馬富士に損害賠償を請求したが、その額は2400万円を超える。旭鷲山氏は「早めに終わらせたい」との思いも明かしたが、ネット上では「外野がお金払って早期解決とか、そこじゃない」と、ズレを指摘する声があがった。

  • 貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方
    貴ノ岩の師匠だった元貴乃花親方

「早めに終わらせてあげたいと思っただけ」

   貴ノ岩の代理人弁護士は4日、元日馬富士を相手取り、2413万5256円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。17年10月の巡業中に受けた暴行で生じた入院費や慰謝料などを足し合わせた額というが、元日馬富士の代理人弁護士は、50万円程度が妥当だとして即日猛反論している。

   主張が真っ向対立する中、注目されたのがモンゴル力士の先駆けでもある旭鷲山氏だ。「ビビット」で電話取材の模様が放送され、

「建物をつくって住宅(ビジネス)で一番になって、今お金があるので、僕が代わりに払ってあげれば。賠償金はすべて僕が払ってもいい」

と、肩代わりする意思があることを宣言した。意図を明かす。

「何か月も続くと大変だから、早めに終わらせてあげたいと思っただけ。(経済的には)全然問題ない」
「日馬富士にはモンゴルに帰ってきて、今後仕事で頑張ってもらいたい。貴ノ岩には日本に残って相撲を頑張ってもらいたいだけなんですよ」

   同郷の後輩2人の争いを見ていられない、といった具合だ。どちらか一方に肩入れするつもりでもなさそうに見える。ツイッター上では「払ってもらって早めに終わらせた方が両者にメリットは高いと思うけど...」と提案を前向きに捉える向きもあるが、「ちょっと待って」といった反発が数多い。

「旭鷲山、わかってないね。外野がお金払って早期解決とか、そこじゃない」
「優しさから言ってるのかもしれないがそれは違うと思うよ。金額云々だけではなく誠意と反省というものがそこにはあるのだと思うな」
「旭鷲山が出てくる話しではないんだけど。。日馬富士が責任を取るべき」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中