2019年 11月 21日 (木)

輪島さん死去 生前、記者が聞いた「若貴兄弟」への心配と「とんねるず」への感謝

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昭和の大横綱がまたひとり逝った。

   第54代横綱・輪島大士さん(本名・輪島博)が亡くなったことが2018年10月9日、分かった。享年70。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

リンカーンで場所に乗り付け

   輪島さんは、日大の卒業を2カ月後に控えた1970年初場所、幕下付出(60枚目格)で花籠部屋からデビューした。2年連続で学生横綱となった実力をプロの土俵でもいかんなく発揮し、わずか2場所で十両昇進を決めた。

   その後もスピードを緩めることなく出世街道を歩み続け、初土俵から3年半で角界の頂点に登りつめた。横綱時代、故・北の湖前理事長としのぎを削り「輪湖(りんこ)時代」を築くなど、圧倒的な強さを誇る反面、リンカーン・コンチネンタルで場所に乗り付け、派手な私生活や奔放な発言で角界内外から非難されることもたびたびあった。

   1981年春場所で現役を引退し、その後は花籠親方として後進の指導に当たった。ただ、親方として協会に在籍したのはわずか4年だった。金銭問題で廃業に追い込まれ、志半ばで協会を去った。

   廃業の翌年1986年にプロレス界へ飛び込んだ。オリジナルの必殺技ゴールデン・アームボンバー(喉輪落とし)を生み出し、2年間の短い間だったが、レスラー輪島として強烈な印象を残した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中