2018年 12月 10日 (月)

米副大統領演説「第2の『鉄のカーテン』演説」なのか 中国メディア反発「もっと常識を」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米国のペンス副大統領が2018年10月4日(米東部時間)に行った演説が、英国のチャーチル元首相が行った「鉄のカーテン」演説を連想させるとして波紋を広げている。

   米中の貿易摩擦が激化する中で、ペンス氏の演説は、中国が様々な手段を用いて米国に影響を与えようとしていることや、「米国を西太平洋から追い出し、同盟国支援を妨げようとしている」ことなどを主張し、対立が貿易の分野にとどまらないことを指摘した。中国メディアは「スピーチライターは常識を持つべき」などと反発している。

  • ペンス氏の演説は「第2の『鉄のカーテン』演説」なのか(写真はハドソン研究所の動画から)
    ペンス氏の演説は「第2の『鉄のカーテン』演説」なのか(写真はハドソン研究所の動画から)

中間選挙に影響を与えようと...

   「鉄のカーテン」演説は、チャーチル氏が首相退任直後の1946年3月に米ミズーリ州フルトンで行った。米ソ冷戦の緊張状態について

「バルト海のシュテッティンからアドリア海のトリエステまで、(ヨーロッパ)大陸を横切る『鉄のカーテン』が降ろされた。中欧、東欧の歴史ある首都は、すべてその向こうだ」

と述べる内容だ。

   米メディアは、ペンス氏の演説が、チャーチル氏の演説に重なる部分があるとの見方を伝えている。ペンス氏の演説では、

「中国政府は政府一体となって、政治的、経済的、軍事的な手段やプロパガンダを使って影響力を高め、米国で利益を得ようとしている」

と主張。とりわけ、18年に行われる中間選挙に向けて世論に影響を与えようとしていると中国を非難した。軍事面では、「日本が統治している」尖閣諸島の周辺を中国船が定期的に航行していることを「中国はこれまでにない力の使い方をしている」と指摘しながら、中国との対決姿勢を鮮明にした。

「中国政府は、米国の陸、海、空、宇宙における軍事的優位性を損なわせることを優先させている。中国は、米国を西太平洋から追い出し、同盟国支援を妨げようとしている。しかし、これは失敗するだろう」

   ただ、具体的な政策については、「史上最強の軍をさらに強くする」などと述べるにとどめた。

   演説のタイトルは「政権の対中政策」。トランプ政権首脳が対中政策に絞って演説するのは初めてで、その強硬な内容に波紋が広がった。

   米ニューヨーク・タイムズ紙は10月5日、中国の指導者層の間に、米国が中国との冷戦に乗りだそうとしているとの疑念が広がりかねないとする分析を紹介。政府の意に反する書き込みがたちまち削除される中国のSNSで

「ペンス副大統領のスピーチは、あっと驚く内容だった。これが米国の公式な演説だ。中国人なら全員が全文を読んだ方がいい。これはもうひとつの『鉄のカーテン』のスピーチなのだろうか」

といった書き込みが残っていることを報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中