2020年 1月 23日 (木)

「黒猫はインスタ映えしないので手放す人が増加」 イギリスの例をテレビ紹介、本当なの?日本では?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大阪・毎日放送制作のバラエティ番組「林先生が驚く初耳学!」で、イギリスでは、黒猫はインスタ映えしないので手放す人が増えていると紹介したところ、飼い主らから反発が相次いでいる。

   4年前の現地報道を根拠にしているが、どこまで本当なのだろうか。また、日本では、どうなっているのか。

  • 日本での黒猫の人気は?(写真はイメージ)
    日本での黒猫の人気は?(写真はイメージ)

イギリスでは、保護の7割が黒猫だと番組で指摘

   TBS系で2018年10月7日夜に放送された番組では、「絶対に耳を塞ぎたくなる初耳学」として、10位までを紹介した。

   2位に挙げられた「猫のタブー」は、「インスタ映えのせいで捨てられる黒猫が急増中」という内容だった。林修さん(53)は、このタブーに首をひねり、「初耳」を選んだ。

   番組では、「この現象が起こっているのがイギリス」だとした。「そもそもイギリスでは、黒猫は『幸運を呼ぶ』として縁起のよい動物とされているが、近年捨てられる黒猫が社会問題になっています」とも指摘した。

   そのことの報道例として、4年前に英ローカルニュースサイトに載った記事を挙げた。そこでは、「イギリス動物虐待防止協会(RSPCA)」が保護している猫約1000匹のうち、約700匹が黒猫だと報じている。実際の記事は、10月9日現在も残っており、そこでは確かに写真映りの理由から手放す飼い主がいるとされていた。

   7日の番組では、世界中の猫の流通に詳しいというペットジャーナリストがインタビューで、「全身毛色が黒いので、目以外の鼻ですとか口ですとか、そういったところが同化してしまって、かわいく撮るのが難しい」として、黒猫を手放す人が増えてきていると解説していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中