2018年 10月 21日 (日)

「とても困っております!」舞台用化粧品の生産中止に市川笑野が訴え

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   歌舞伎俳優の市川笑野(いちかわ・えみの)さんが2018年10月11日、自身のツイッターアカウントで「とても困っております!」と訴え、伝統芸能のファンの間で波紋を呼んでいる。市川さんのツイートによれば、愛用している資生堂の舞台用の化粧品が生産を中止してしまったという。

  • 市川笑野さんのツイッターアカウント
    市川笑野さんのツイッターアカウント

ファンは「伝統芸能を支え続けてほしい」

   市川さんが画像を載せて生産中止に言及したのは「粉白粉」と、唇に差す「紅」。

「どの品も歌舞伎の化粧に必要な物で、粉白粉の白さや棒水紅の色の良さ使い易さは絶品です。」
「どうか資生堂さんにこの声が届いてほしいです!」

と訴える市川さん。女形としても活躍する市川さんにとって、日本的な女性の艶を表現できるこれらの品がとても合っていたようだ。このツイートには

「採算度外視してでも日本を代表する化粧品メーカーとして伝統芸能を支え続けてほしいな。」

などの賛同のリプライが多数寄せられ、1万5000件以上リツイートされている。

   J-CASTニュースが12日に資生堂広報部に取材したところ、この化粧品は確かに18年9月で生産を中止しているという。いずれも資生堂では数少ない伝統芸能に適した化粧品で、特に粉白粉は1973年発売のロングセラー商品で、たくさんの人に愛用されていたそうだが、「戦略的なマーケティングの結果、生産中止の判断に至りました」とのことである。生産中止になってからも在庫はまだ残っているため入手は可能だが、販売再開などの予定はないとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中