2019年 10月 19日 (土)

巨人・菅野(29)の「4年後の価値」 メジャースカウトに聞いた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   巨人のエース菅野智之投手が2018年10月14日、ポストシーズン史上初となるノーヒットノーランを達成した。ヤクルトに許したのは7回2死から山田哲人選手に与えた四球のみで、7奪三振、113球の準完全試合で、CS最終ステージ進出を決めた。

   力で押すだけではなく、打たせて取るピッチングで凡打の山を築いた。完全試合こそ逃したが、抜群のコントロールでヤクルト打線を封じ込めた。これぞ菅野の真骨頂だった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

あのノムさんも菅野をべた褒め

   ヤクルト、阪神などで監督を務めた野球解説者の野村克也氏は、菅野の快投を手放しで絶賛。野村氏は10月15日、「S☆1」(TBS系)に出演し、「本当にいいコントロールしている。これ以上に楽しい投手いないよ。俺も引退したけど、受けてみたくなる投手」と鼻息を荒らげ、さらに「技巧派でもきちっとコースに投げればこういう結果になるという見本のような投球だった」と、称賛は止まらなかった。

   海の向こうでも菅野の快挙は速報で伝えられた。メジャースカウトから「日本一のピッチャー」と評される菅野は、今回の快投でさらに評価を上げたようだ。

   14日の試合を観戦したというメジャーの現役スカウトにJ-CASTニュースが話を聞いたところ、「スピードは抑えていたみたいだが、スライダーの切れが抜群だった。コントロールがいいからストレートがそんなに走っていなくても変化球で打ち取れる。メジャーで菅野投手を今すぐにほしい球団は多いと思いますよ」と、メジャー即戦力の評価を与えた。

   今季、巨人からカージナルスに移籍し、18勝をマークしてナ・リーグ最多勝(タイ)投手となったマイルズ・マイコラス投手は、今年6月、地元紙のインタビューで菅野の可能性に関してこう言及している。

「スガノは間違いなく、メジャーで通用するピッチャー。彼なら先発ローテ入りは間違いない。三振を取りたいところで取れるし、併殺に仕留めたいところでは凡打を打たせる。僕も彼のスタイルに学んだところはたくさんある」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中