2019年 7月 21日 (日)

「星野イズムの継承者」矢野新監督 でも育成は「野村流」で行くべき?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   阪神は矢野燿大2軍監督が1軍の新監督に就任することを2018年10月15日、発表した。球団が13日に正式に監督就任の要請をしてからわずか2日間の異例のスピード就任。今季、17年ぶりの最下位に沈んだチームの再建を託された。

   新監督が正式に決まり、球団は早くも新体制作りに着手した。複数の関係者によると、来季1軍ヘッドコーチとして、楽天・清水雅治外野守備走塁コーチを候補にリストアップ。1軍コーチとして、今中慎二氏、関本賢太郎氏の招へいも検討しているという。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場

星野イズムの継承者らで組閣

   清水コーチと今中氏は、矢野監督の中日時代の同僚で、関本氏は阪神での戦友で、プライベートでの付き合いもある。この3人全員が故・星野仙一氏の指導を受けた経験を持つ「星野イズム」の継承者だ。

   阪神の組閣に関しては監督の意向が強く反映されるため、新体制では矢野色が色濃く出そうだ。矢野監督が2軍監督時代、星野氏の教えでもある「超積極野球」を推進し、就任1年目で12年ぶりの日本一を達成した実績がある。

   矢野監督にはもうひとつ、継承するべきものもある。それは金本監督がこの3年間、取り組んできた若手の育成である。自身も金本政権のもと、積極的に若手育成に取り組み、球団もまた金本監督の意志が引き継がれることを望んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中