2019年 5月 27日 (月)

「ママはどこに行けば萌景に会える?」 アイドル自殺、心情つづり続ける母親のツイッター

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   16歳の若さで自殺したアイドルグループ「愛(え)の葉Girls」の大本萌景(ほのか)さんの母親、幸栄(ゆきえ)さん(42)が、ツイッター上で切々と娘への思いをつづって反響を集めている。

   「ママはどこに行けば萌景に会える?教えて!今度萌景に会ったら絶対貴方の側を離れない」。萌景さんが愛媛県松山市内の自宅で自殺して1週間ほどした2018年3月28日、母親の幸栄さんは、こんな悲痛な思いをツイッターにぶつけた。

  • 高橋まつりさん母とのツイッター上のやり取り
    高橋まつりさん母とのツイッター上のやり取り

アイドルの母「ちゃんと学校に行ける環境だったら...」

   萌景さんが自ら命を絶ったのは3月21日。母親の幸栄さんら遺族の心の傷は癒えず、幸栄さんは、その思いをツイッターで度々つづってきた。

   5月16日には、「あのままちゃんと通信通ってたら萌景は高校2年生だったのにね。あの日あの時ちゃんと学校に行ける環境だったら...」と振り返り、同月31日には、「何をしてても頭の中は萌景、萌景、萌景、萌景で何も集中出来ない!涙が出る!楽しくない!」と嘆いた。

   そして、幸栄さんらは10月11日、代理人の弁護士とともに記者会見を開き、事務所などを相手取り、約9200万円の損害賠償を求めて翌12日に松山地裁に提訴することを明らかにした。これに対し、事務所社長は、マスコミ取材に対し、遺族側が主張するパワハラや1億円の支払い要求の事実を否定し、争う構えを示している。

   幸栄さんのツイッターには、会見後に激励のリプライが殺到し、幸栄さんは12日にツイッターでお礼の言葉を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中