2019年 5月 26日 (日)

YouTube障害で「人類文明崩壊の危機」 世界中がパニックに

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「YouTubeが陥ちました、人類文明の崩壊に備えましょう」――米国のニュースサイト「A.V. Club」は、こんな刺激的な見出しでこの「事件」を伝えた。

   世界最大の動画サービス・YouTubeが2018年10月17日午前(日本時間)から一時的にダウンした。その後、運営チームは12時ごろ復旧を伝えたものの、この間、日本はもちろん、世界中から悲鳴が上がった。

  • 世界中でショックの声が(イメージ)
    世界中でショックの声が(イメージ)
  • 障害発生時のYouTube。現在は復旧
    障害発生時のYouTube。現在は復旧

米国人「コーヒーを飲もう」英国人「寝るしかない」

   YouTubeがつながらない――こうした報告が相次ぎ始めたのは日本時間17日10時ごろだ。YouTubeの公式アカウントの一つ「Team YouTube」(@TeamYouTube)は10時41分、問題が発生していることを報告し、解決に向かって動いていることをアナウンスした。

   この間、YouTubeにアクセスすると、動画のサムネイルがすべて灰色になって表示されず、サイトのロゴのみが掲載される、あるいはクリックしても正常に動画が再生されない、といった状態となっていた。同様の症状はYouTubeが本拠を置く米国をはじめ、世界中で報告された。

   「動画が見られない!」。このショックに、世界のユーザーの心は一つになった。各国のメディアも大きく取り上げ、たとえば米ニューズウィークは、

「非常に不快に思うかもしれませんが、今、あなたができることは何もありません。(中略)Netflixを開いて、コーヒーでも飲んでみてはどうでしょうか」

とユーモアを交えて解説、また英ザ・サンは、一般ユーザーのツイートを引いて、

「今は寝るしかありません」

と呼びかけた。

世界がいかにYouTubeに頼っていたか

   もちろん日本においても、多くのメディアが速報扱いで伝え、ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計する「Yahoo!リアルタイム検索」の上位が関連するキーワードで占められるなど、大騒ぎに。

   冒頭に紹介した「A.V. Club」の記事は、懐かしのテレビ番組の主題歌探しから、子どもたちをあやすための「ベビーシッター」まで、「私たちの一日は、多くをYouTubeに頼っている」として、だからこそYouTubeの消滅は、「人類文明の崩壊」を意味する、と皮肉っている。

   17日12時過ぎ、YouTubeは「Team YouTube」のアカウントを通じ、サイトの復旧を報告、「文明崩壊」は幸いにして免れることとなった。わずか2時間ではあったが、今回の出来事はYouTubeが世界に持つ影響力を改めて証明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中