2019年 11月 14日 (木)

横野レイコ、輪島さんの「伝説」を語るも... 視聴者「故人に失礼だよ!」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2018年10月17日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、8日に亡くなった大相撲の元横綱・輪島大士(本名・輪島博)さんの生前のエピソードを披露した相撲レポーター・横野レイコ氏に批判の声が殺到している。

   この日は、輪島さんと40年来の親友である元プロ野球選手の田淵幸一氏がゲスト出演。輪島さんが現役時代、地方場所では寺などに宿泊する角界の慣習に従わず、ホテルを宿舎代わりに使っていたエピソードなどを語った。

  • 横野レイコ氏
    横野レイコ氏

「どっか行くとブリーフはいて帰ってくる」

   田淵氏のエピソードが終わり、MCの坂上忍さんから話題を振られた横野氏は「本当にみんなから輪島伝説いっぱい聞くんですよ」と熱い口調で切り込んだ。

   横野氏によると、輪島さんは現役時代、パンツとシャツとステテコを毎場所10組、力士ご用達の店舗に発注していたという。

   輪島さんのように毎場所、下着を10組も発注する力士は珍しく、横野氏は「今の関取にもいない」と語った。

   なぜ輪島氏が10組もの下着を毎場所発注したかは明かされなかったが、横野氏は「シャツとステテコははかないから、パンツだけはくために毎場所作るんだけど、それがどっか行くとブリーフはいて帰ってくる」とのエピソードを披露。

   さらに横野氏は「どこかにブリーフ置いてあるところがあるんでしょうね。それで毎場所作る」と続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中