2019年 1月 19日 (土)

横野レイコ、輪島さんの「伝説」を語るも... 視聴者「故人に失礼だよ!」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年10月17日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、8日に亡くなった大相撲の元横綱・輪島大士(本名・輪島博)さんの生前のエピソードを披露した相撲レポーター・横野レイコ氏に批判の声が殺到している。

   この日は、輪島さんと40年来の親友である元プロ野球選手の田淵幸一氏がゲスト出演。輪島さんが現役時代、地方場所では寺などに宿泊する角界の慣習に従わず、ホテルを宿舎代わりに使っていたエピソードなどを語った。

  • 横野レイコ氏
    横野レイコ氏

「どっか行くとブリーフはいて帰ってくる」

   田淵氏のエピソードが終わり、MCの坂上忍さんから話題を振られた横野氏は「本当にみんなから輪島伝説いっぱい聞くんですよ」と熱い口調で切り込んだ。

   横野氏によると、輪島さんは現役時代、パンツとシャツとステテコを毎場所10組、力士ご用達の店舗に発注していたという。

   輪島さんのように毎場所、下着を10組も発注する力士は珍しく、横野氏は「今の関取にもいない」と語った。

   なぜ輪島氏が10組もの下着を毎場所発注したかは明かされなかったが、横野氏は「シャツとステテコははかないから、パンツだけはくために毎場所作るんだけど、それがどっか行くとブリーフはいて帰ってくる」とのエピソードを披露。

   さらに横野氏は「どこかにブリーフ置いてあるところがあるんでしょうね。それで毎場所作る」と続けた。

「奥さんもお子さんもまだ悲しみの中にいらっしゃるのに...」

   横野氏は輪島さんの豪快なエピソードとして語ったようだが、ネットではそうはとられていないようで、故人に対する非礼であるとの批判が殺到した。

「奥さんもお子さんもまだ悲しみの中にいらっしゃるのに、こんな話... 亡くなったら何を話してもいいのか?」
「亡くなられた、人に対して、モラルの欠けた発言ですかね!故人に対しての発言では、ない!」
「下品だよ! 故人の下着の話なんかやめろ!」

   この横野氏の発言に対してMCの坂上忍さんは「いい時代。横綱なんだから」とフォローをしていた。

   輪島さんの葬儀・告別式は15日、都内の葬儀所で営まれ、角界関係者をはじめとし、スポーツ界、芸能界から約300人が参列した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中