2018年 11月 16日 (金)

メイウェザーがUFC王者との対戦へ 「ファイトマネー」は天井知らず?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ボクシングの元世界王者フロイド・メイウェザー・ジュニア氏が2018年10月17日(日本時間18日)、総合格闘家のUFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ選手(ロシア)と対戦する意向を明らかにした。

   米サイトTMZ Sportsのインタビューに答えたもので、開催時期などは未定だが、メイウェザー氏はボクシングルールによって試合を行うと主張した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

米国ではケーブルテレビのPPVシステムが定着

   総合格闘技で無敵を誇るヌルマゴメドフ選手は10月7日にラスベガスで元UFC2階級王者のコナー・マクレガー選手(アイルランド)を4回一本勝ちし、デビュー以来の連勝を27に伸ばした。

   頂上決戦を制したヌルマゴメドフ選手は、「フロイド、やろうぜ。50戦無敗と27戦無敗。今やろうぜ」と、昨17年8月にマクレガー選手を破ったメイウェザー氏にSNSを通じて対戦を呼びかけていた。

   メイウェザー氏はすでに41歳とピークは越えているが、ボクシングルールでの試合ならば、ボクシング経験のない30歳のヌルマゴメドフ選手は相手にならないだろう。だが、昨年のメイウェザーVSマクレガー戦同様に全米の注目を集める可能性は高い。

   マクレガー選手もヌルマゴメドフ選手同様にボクシング経験がなく、ボクシングルールで行われる一戦は、戦前からメイウェザー氏の圧勝が予想されていた。にもかかわらず、ボクシングの無敗王者と最強の総合格闘家の試合は全米の注目を集めた。

   試合の模様を放送したテレビのペイ・パー・ビュー(PPV)売り上げは、歴代2位の430万件で、チケット収入は5540万ドルを記録。1億ドル(約110億円)のファイトマネーにPPVの歩合収益等の興行収入を加えてメイウェザー氏は2億7500万ドル(約300億円)、10回TKO負けしたマクレガー選手は8500万ドル(約95億円)を手にした。

   正式なボクシングの試合として対戦するには、ヌルマゴメドフ選手が試合の行われる州のボクシングライセンスを取得しなければならない。ラスベガスで行われた昨年の場合、マクレガー選手はネバダ州のライセンスを取得した上で、正式な試合として認可された。

   常に金持ちをアピールし、「Money」(マネー)の愛称を持つメイウェザー氏は、「ハビブと対戦すれば、9桁稼げる。マクレガー戦よりも大きな額だ。(ファイトマネーは)おそらく1億ドル(約112億円)以上は保証される。1億1000万ドル(約123億円)から2億ドル(約225億円)くらいになるかもしれない」とマネーの本領を発揮。

   ボクサーがこのような巨額なファイトマネーが得られるのは、米国にケーブルテレビのPPVシステムが定着していることが大きな要因となる。試合のレベルによって料金は異なるが、メイウェザーVSマクレガー戦は約1万円で売り出された。

   ボクサーが手にする報酬は、ファイトマネー、PPVの売り上げ、チケットの売り上げによる興行収入である。プロモーターがこれらを選手に分配する。メイウェザーVSマクレガー戦はPPVの売り上げだけでも約430億円となっている。

メイウェザー氏のかつてのライバルは410億円

   日本の場合、世界戦などのビッグファイトでは、テレビの放映権料が主な選手の収入源となる。ただ、ボクシングの人気が高く、30パーセント以上の視聴率を記録していた昭和後半頃に比べ、現在は高い視聴率が望めないことから放映権料は低下の一途をたどっている。

   最近では、ボクシングの世界戦が地上波で放送されないケースも多く、米国のような巨額な金が動くことはない。また、米国のようにファイトマネーが公表されることが少ないため、日本人世界王者のファイトマネーの額は正確に伝わってこない。

   日本で行われたビッグファイトでファイトマネーが明らかなのは、1994年12月に行なわれたWBC世界バンタム級王座統一戦。薬師寺VS辰吉戦は、興行権が入札にかけられたことから両者のファイトマネーが明らかに。薬師寺氏、辰吉氏のファイトマネーはともに約1億7000万円だった。

   くしくもこの日、世界ミドル級王者サウル・アルバレス選手(メキシコ)が、動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と3億6500万ドル(約410億円)超の大型契約を結んだことを米メディアが報じた。5年間で11試合を行う契約で、スポーツ選手が結んだ契約では史上最高額という。

   アルバレス選手は過去にメイウェザー氏と対戦し敗れているものの、現在、世界トップの人気を誇るボクサーだ。ただ、そのアルバレス選手でも年間2試合をこなしたとして、ファイトマネーは100億円を超すのがやっとである。

   米国の経済誌『フォーブス』は世界のスポーツ選手の年収ランキングを毎年発表している。2018年度のランキング(2017年6月から1年間の収入)が6月に発表され、メイウェザー氏が2億8500万ドルで通算4度目の1位となった。

   来年6月までにヌルマゴメドフ選手との対戦が実現すれば、「マネー」が2年連続で世界1位となるのはほぼ確実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中