2019年 11月 18日 (月)

NHK子供番組みて娘大泣き 「なんか怖い」演奏家2人のド迫力

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NHK Eテレで放送されている子供向け番組「シャキーン!」にミュージシャンの向井秀徳さんとロックバンド「人間椅子」の鈴木研一さんが出演した。

   2人は「サウンドファイターズ」という楽器で紙相撲をするコーナーに登場。子供たちは大喜びかと思いきや、2人のあまりの迫力に......

  • 人間椅子staffによる鈴木さんの出演を告知する投稿
    人間椅子staffによる鈴木さんの出演を告知する投稿

「音の力」で紙相撲

   向井さんはロックバンド「ZAZEN BOYS」のボーカル兼ギターを務めるほか、映画「少年メリケンサック」といった映画音楽制作など幅広い活動を行っている。また、ライブ中にビールをのどに流し込むなど大の酒豪としても知られている。

   鈴木さんはロックバンド「人間椅子」のベースギターを担当。1989年、TBS系列で放送されていた「三宅裕司のいかすバンド天国」への出演をきっかけに知名度を高めた。スキンヘッドで顔と頭部を白塗りにし、デビュー当時はねずみ男の衣装、現在では和服を着用しており、常にビジュアル面で強烈なインパクトを残してきた。卓越した演奏技術を持つことでも知られている。

   この2人が出演したのは2018年10月22日に放送されたNHK Eテレの子ども向け番組「シャキーン!」のサウンドファイターズというミュージシャンが音の力でファイター(紙相撲の人形)を操りバトルをするコーナーだ。

   紙相撲はスピーカーが埋め込まれた特殊な台の上で行われ、向井さんはギター、鈴木さんはベースギターを手に対戦した。

   紙相撲が始まると、向井さんは細かく少しずつ音を出すのに対して、鈴木さんは早いテンポで持続的に音を出し続けている展開。その後、向井さんの人形は体制を崩したが、鈴木さんの人形の脇を取り、畳み掛けるように攻め立てて、勝利を収めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中