2019年 11月 14日 (木)

福原愛さんに「あの程度の選手、ざらにいる」 あの時、言い放った元女王

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   卓球の福原愛さんが2018年10月21日、自身のブログで現役引退を発表した。福原さんは12年ロンドン五輪団体で銀メダルを獲得し、16年リオデジャネイロ五輪では団体銅メダルを獲得。3歳から卓球を始めて26年間、日本の女子卓球界を牽引してきた福原さんは、今後、卓球界発展へ向けて裏方として尽力する。

   3歳でラケットを握り、幼いころから「天才卓球少女」として世間の注目を集めた。泣きながら母・千代さんの指導を受ける姿がテレビで放送されると、愛称が「天才少女」から「泣き虫愛ちゃん」へ。幅広い層から愛された。

  • 福原愛さんの公式ブログ
    福原愛さんの公式ブログ

中国超級リーグでも人気

   19年前、スポーツ紙の記者として福原さんを始めて取材した。福原さんが小学校5年生の時だった。

   その頃、福原さんはすでにプロとして活躍しており、「泣き虫愛ちゃん」の面影はほとんど残っていなかった。

   高校に入学すると活躍の場を中国に求め、中国超級リーグに参戦。中国語が堪能で、肌が綺麗で透明感があって可愛いことから、磁器のお人形を意味する「瓷娃娃」(ツーワーワー)の愛称で、卓球王国・中国で絶大なる人気を誇った。

   成長するにつれて世界ランキングも上昇し、世界の舞台で活躍するようになったが、記者が取材をしていた頃は、話題先行の感が強かった。

   日本の同世代では敵なしでも、世界的に見て、福原さんがどれほどのレベルにいたかは正直、分からなかった。

   そこを鋭く、的確に指摘したのは小山ちれさんだった。

   小山さんは中国出身で、1987年世界選手権シングルスで優勝するなど世界ランキング1位の世界女王にもなった。89年に日本人男性と結婚し3年後に日本に帰化した。全日本選手権では史上最多となる8度のシングルス優勝を果たした。

「なんでみんなそんなに騒ぐの。あの程度の選手は中国にはざらにいる」

   2001年の全日本選手権で福原さんと対戦した小山さんの言葉である。

   取材していた記者にとって衝撃的な発言だった。これまでも物事をストレートに表現する小山さんだったが、思いもよらぬ場面で厳しい現実を突き付けられた感があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中