2020年 9月 19日 (土)

古市氏「走れなくなった所からタスキつなげば」 女子駅伝に新提案、これって暴論?

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   「プリンセス駅伝(全国実業団対抗女子駅伝予選会)」に出場した岩谷産業の2区・飯田玲選手(19)が、負傷により「四つん這い」でタスキを渡す事態となったことについて、社会学者の古市憲寿氏が2018年10月23日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で駅伝の新ルールを提案し、賛否を呼んでいる。

   古市氏は「選手が走れなくなった所から、次の選手にタスキをつなげばいい」と発言。飯田選手が走れなくなったのは残り200メートルで、次の走者がその地点から引き継げばいいとの考えのようだ。

  • 社会学者の古市憲寿氏(2016年撮影)
    社会学者の古市憲寿氏(2016年撮影)
  • 社会学者の古市憲寿氏(2016年撮影)

駅伝ルールは「すごく古臭い」

   21日のプリンセス駅伝では、飯田選手の異変に気付いた岩谷産業の監督が棄権を申し入れたが、審判部に伝達されるまで時間がかかった。その間に飯田選手は四つん這いで進行し、結局中継所に到達したが、右脛骨骨折で全治3~4か月のケガを負った。チームのためタスキをつなぐ姿は「美談」としても語られることがある一方、負傷選手に競技を続行させる結果となったことには疑問も多い。

   古市氏は「とくダネ!」で、「そもそも僕は駅伝のルール自体が気に食わない」と切り出すと、「だって一人の個人の失敗が集団全部の失格になってしまうわけですよね。個人の選手生命を犠牲にしてもいいという考え方が、すごく古臭いと思う」と駅伝のルールを批判。その上で、

「だったら、選手が走れなくなった所から、次の選手にタスキをつなげばいいじゃないですか」

と提案した。

   プリンセス駅伝は42.195キロを6区間に分けて行う(2区は3.6キロ)。大会注意事項によると、ランナーが途中で競技を続行できなくなったり、中止させられたりした場合、審判長の指示で次の区間のランナーを出発させる。その際、無効区間以外の個人記録は残るが、チームの総合記録は公式として残らない。

   また、「タスキを受け取る競技者は、前走者の区域(中継線の手前の走路)に入らない」というルールも定められている。こうした点でも、駅伝におけるタスキリレーは、選手にとってやりがいと同時に、重責でもあると言えるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中