2018年 11月 17日 (土)

落語界でも輝いた世界のナベアツ=桂三度 ところで、相方のあの人は...?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「3が付く数字でアホになる」のネタで知られた、お笑い芸人「世界のナベアツ」さん(49)の名前が2018年10月23日、一時ツイッターのトレンドに上がった。

   バラエティー番組で一世を風靡してから、早10年。現在は「桂三度」の芸名で、落語家として活躍しているのだが、この転身を知らなかった人も意外と多かったようだ。

  • 世界のナベアツさん(2009年1月撮影)
    世界のナベアツさん(2009年1月撮影)

「初耳」「全然知らなかったわ」

   三度さんは1991年、山下しげのりさん(49)と、お笑いコンビ「ジャリズム」を結成。98年に一時解散してからは、放送作家として活動していたが、2004年の再結成後にはピン芸人としても活躍。「イチ、ニィ、サァン!」のギャグが人気となり、08年には新語・流行語大賞の候補語に「世界のナベアツ」が入った(トップ10入りはならず)。

   しかし、ピン芸人としても知名度が高まった11年春、三度さんが桂三枝(現:文枝)さんに弟子入りするために、再びコンビを解散。その後は落語家としての道を歩み、18年10月22日、若手の登竜門である「NHK新人落語大賞」を受賞した。弟子入りから7年半、本戦出場4回目での悲願だ。

   今回のトレンド入りは、そのニュースがきっかけ。しかしながら、ツイッターでは落語家への転身を知らない人からの反応が多数見られる。

「全然知らなかったわ」
「落語家になってたなんて初耳」
「いつのまにか落語家になってたww」

元相方は芸能記者へ転身

   かつての相方である山下さんはコンビ再解散後、「オモロー山下」に改名して、ピン芸人のかたわら「山下本気うどん」の店主となった。17年には芸人を引退し、週刊誌「女性自身」記者を経て、現在はフリーの芸能記者「インタビューマン山下」として活動している。

   お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さんは、ツイッターでこの経緯を絡めつつ、

「えー!おめでとう。3回優勝して、アホになりますように。あと、オモロー山下からインタビュー受けますように」

と三度さんへのエールを送っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中