2019年 5月 19日 (日)

生前、記者が見た「マラソンへの執念」 元五輪代表・真木和さんが死去

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   陸上競技で1992年バルセロナ、1996年アトランタ五輪に出場した真木和(まき・いずみ、現姓山岡)さんが死去したことが2018年10月24日、分かった。関係者の話によると、近年、乳がんを患い抗がん剤治療を続けていたという。10月18日に大阪府箕面市の自宅で死去した。享年49。

   愛媛県出身の真木さんは、今治北高を卒業しワコールに入社。高校時代は全国的な実績はなかったが、ワコール入社後は駅伝などで鍛え、長距離選手として日本を代表する選手まで成長した。

   1992年には1万メートルで日本記録をマークし、バルセロナ五輪1万メートルに出場。初の五輪では積極的な走りを見せながらも入賞を逃して12位に終わった。

   駅伝ではワコールのエースとしてチームの全国優勝に貢献した。髪の毛を短く刈り上げ、ボーイッシュでスタイリッシュな走りを見せる真木さんは同性の陸上選手からの人気も高く、真木さんに憧れてワコールに入社した選手も少なくなかった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ハローワークに通いながらの競技生活

   真木さんに憧れてワコールに入社したひとりが、2004年アテネ五輪金メダルの野口みずきさんだった。

   1996年アトランタ五輪後に真木さんは、当時のワコール監督だった藤田信之氏の解任に伴い、自身もチームを離れたが、野口さんも真木さんの背中を追って退職した。当時、2人はハローワークに通いながら練習を続けていた。

   真木さんは2003年の結婚を機にチームを離れたため、翌2004年のアテネ五輪で野口さんをサポートすることはなかったが、競技を離れても2人は深い絆で結ばれ、晩年まで親交は続いたという。

   スポーツ紙で記者として取材していた当時、真木さんは女子駅伝の代名詞的な存在だった。決して後ろを振り向かず、積極果敢に攻める走りで多くの陸上ファンを魅了した。

   ワコールに入社後、長らく1万メートルの選手として日本のトップを走り続けた真木さんは、1996年アトランタ五輪に向けてマラソンに転向した。

   1万メートルで鍛え上げた脚力は世界でもトップクラスで、アトランタ五輪の切符を獲得した1996年3月の名古屋国際女子マラソンでは、バルセロナ五輪金メダリストのワレンティナ・エゴロワ(ロシア)を破って優勝。初マラソン初Vの快挙だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中