2019年 11月 14日 (木)

吉田輝星「開幕1軍」十分ありうる 日ハムは「最適のチーム」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球ドラフト会議が2018年10月25日、都内ホテルで行われ、注目の金足農高・吉田輝星投手は、外れ1位の指名で日本ハムが交渉権を獲得した。指名直後、金足農高で会見に応じた吉田選手は「日本ハムファイターズに入ることができてうれしいです」と、球団との交渉を待たずして入団を即決した。

   1巡目での1位指名も予想された中、吉田選手を指名した球団はなかった。大阪桐蔭高の根尾昴選手に4球団、報徳学園の小園海斗選手に4球団、藤原恭大選手に3球団が競合。西武以外の11球団が競合指名となる波乱の幕開けだった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ダル、大谷...高卒ルーキーを積極起用

   1巡目のくじ引きが終わり、外した球団による2巡目の指名が始まり、楽天、阪神、オリックス、DeNAと1位の名前がアナウンスされる中、5番目の日本ハムが吉田選手を指名。その瞬間、テレビ画面の吉田選手は小さく頷いた。

   夏の甲子園を通じて、12球団のスカウトは吉田選手の実力を高く評価し、1巡目での1位指名を示唆する球団もあった。だが、ペナントを終え、ドラフトが迫るにつれて各球団の方向性が明確になり、この日の外れ1位はある程度、想定されたものだった。

   日本ハムが吉田選手の交渉権を獲得したことに関して、プロ野球関係者は吉田選手にとって「最適のチーム」と評する。

   日本ハムは高卒ルーキーを1軍で起用する傾向があり、ダルビッシュ有投手、大谷翔平投手らもルーキー時代から1軍のマウンドで投げている。野手においても近藤健介捕手や、清宮幸太郎選手を積極的に起用してきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中