2018年 11月 18日 (日)

伊方原発3号機、約1年ぶりに再稼働

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   四国電力は2018年10月27日未明、愛媛県伊方町の伊方原子力発電所3号機(出力89万キロワット)を約1年ぶりに再稼働させた。順調に進めば11月28日に営業運転に移る見通し。

   伊方原発はもともと定期検査終了後の18年1月に再稼働する予定だったが、17年12月、広島高裁が運転差し止めの仮処分を決定。今年9月、同高裁が四電の異議申し立てを認め、仮処分決定を取り消したことを受け、再稼働が可能となった。

    伊方原発3号機の再稼働により、稼働中の原発は全国で計8基となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中