2020年 2月 24日 (月)

渋谷ハロウィン暴徒は「メディアが生んだ」 カンニング竹山ぶつけた「正論」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「軽トラックを倒した子、いますよね」

   実際、情報番組などでは、27・28日の週末を前にハロウィンに触れる機会も多かった。

   たとえば、25日「バゲット」(日本テレビ系)では、市場規模でバレンタインデーをしのぐまでになったことと合わせ、「親子孫の3世代で楽しめる、日本を代表する記念日に成長したハロウィン」と紹介。26日「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では、気象予報に際して「週末はハロウィンイベントでコスプレ姿で参加すると気分はルンルンです。ただ夜は寒くなります」といった伝え方をしている。

   もちろんこれら自体は、「暴走」そのものをあおるようなものではないが、「目的がわからない祭り」盛り上げに寄与したことは確かだ。

   一方で渋谷ハロウィンには例年多数の人が集まる。番組では堀尾正明さんが「今は自治体が少子高齢化で若者や外国人が来ないという中で、羨ましい限りじゃないですか」と切り出すと、「終電というより明け方までにして、渋谷はハロウィンウィークはすべて若者ウェルカムにする、規制はしてルールは守り、警察官もたくさん配置する、という態勢にしていいと思います」と大胆な提案をした。

   だが、竹山さんは「堀尾さん、それをやるとしたらね...」と口を挟んだ。「朝までというのは楽しいと思うし賛成は賛成だけど」と前置きしながら、こう注文した。

「軽トラックを倒した子、いますよね。これ素人さんだから顔隠していますけど、全部さらけ出して、メディアの責任としてこの子たちを全部マスコミに出さないといけないですよ、逮捕しないといけない。その代わり、悪いことをしたらこうなるということは、ちゃんとやらないといけない。犯罪だから。そこまでやる覚悟が、警察にもメディアにも我々市民にもあるならやっていいと思う。」

   28日未明、渋谷センター街を通行しようとした一般の軽トラックを、暴徒化した若者らが取り囲み、荷台に乗り込んだ上、持ち上げて横転させた事件は、ネット上でも動画が拡散され、大きな批判を浴びた。運転者は横転の前に降車していたというが、器物損壊の疑いで警視庁が捜査中という。竹山さんは「ただただ『この日は騒ぎましょう』と言ったら、絶対に同じことは起きてくる」とも述べている。

   ハロウィンの過熱ぶりとメディアの関係については、竹山さんの発言とは別にネット上でもここ数日で指摘があった。ツイッターでは、

「ハロウィンの愚行が話題だけど、バカな連中も問題だけどメディアの責任もあると思うよ?」
「渋谷のハロウィンやサッカーの試合後の騒ぎがだんだん酷くなってきているけど、メディアが取材に行くからあんな事になるのでは?」
「ハロウィンの暴動、今の若者たちは~って言われがちだけど、今の若者が形成されるまでハロウィンのどんちゃん騒ぎを作り上げたのもメディアとかで煽ったのも今の大人なんだよなーって」

といった声があがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中