2019年 10月 18日 (金)

江波杏子さん、三島由紀夫からも薫陶 「膝の上」に乗ったのを機に...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2018年10月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなった江波杏子さん(享年76)は、あの「昭和の文豪」とも交流があった。

   戦前に東宝で活躍した映画女優の江波和子さんを母に持ち、東京・千駄ヶ谷で育った江波さんは、高校在学中の1959年に大映のニューフェイス・オーディションを受け、応募者2000人の中から合格を勝ち取り、「明日から大人」(1960年)でデビューした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「入ります」大流行も本人は「好きな役ではなかった」

   芸名である江波杏子は、5歳の時に亡くなった母親の芸名と室生犀星の新聞連載小説「杏っ子」に由来している。

   デビューからしばらくは助演が続いたが、1966年の「女の賭場」で映画出演58本目にして初めて主役の座をつかんだ。「昇り竜のお銀」を演じたシリーズは大ヒットし、1971年の「新女賭博師・壺ぐれ肌」まで、全17本が制作された。

   同シリーズで江波さんが賽を振る際に放つセリフ、「入ります」は当時、大流行したが、江波さんは生前、「好きな役ではなかった」と話していた。

   江波さんは映画女優にとどまらず、1960年代から70年代にかけてグラビアでも活躍するなど、活動の場を広げていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中