2019年 5月 21日 (火)

取材音声を「アレフ」に誤送信 NHK札幌放送局

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   NHK札幌放送局は2018年11月2日、オウム真理教の後継団体「アレフ」に関する取材で、同局ディレクターが住民へのインタビュー取材の音声を誤ってアレフ側に送信していたと発表した。文字起こしを外部業者に委託する際、音声ファイルをダウンロードできるURLが入ったメールの宛先を間違えたという。

   NHK札幌放送局では、連絡が取れた住民には謝罪し、音声ファイルはシステム上開けないようにする措置を取ったと説明しており、

「関係者のみなさまに深くお詫びいたします。事実関係を詳しく調べた上で、厳正に対処します。また、報道現場での情報の取り扱いを一層厳格にし、再発防止に努めます」

とのコメントを出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中