2019年 11月 19日 (火)

岩手競馬、相次ぐ「禁止薬物」検出の怪 4か月で3度...外部犯行の可能性は?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   岩手県競馬組合は2018年11月5日、10月に行われたレースに出走した競走馬から禁止薬物が検出されたと発表した。同組合によると、検出されたのは禁止薬物に指定されている筋肉増強剤「ボルデノン」で、岩手競馬で競走馬から禁止薬物が検出されたのは、7月と9月に続いて今年3度目となる。

   禁止薬物が検出されたのは、水沢競馬場の高橋純厩舎に所属する牝の3歳馬ヒナクイックワン号で、10月28日に盛岡競馬場で行われたレースで1着に入った。岩手競馬では、1着と2着に入った馬に対してレース後の尿検査を義務付けており、今回、尿検査の結果、ヒナクイックワン号から禁止薬物が検出され陽性が確定した。

  • 岩手競馬公式ホームページ
    岩手競馬公式ホームページ

方法、目的など謎だらけ

   盛岡競馬場では、7月に行われたレースに出走したスターズレディ(牝5歳)から今回と同様の禁止薬物「ボルデノン」が検出され、9月には今回と同じ高橋純厩舎所属の馬から同じ薬物が検出されていた。

   競馬関係者によると、地方競馬の同じ競馬場で4カ月の間に立て続けに3度も競走馬から禁止薬物が検出されたのは非常に珍しいケースだという。犯行の方法や目的など多くの謎が残っており、事件の真相は明らかになっていない。

   盛岡競馬場は、内に1400mのターフコース、外に1600mのダートコースを配した競馬場で、盛岡駅からバスで30分程度の周囲を緑に囲まれた場所にある。6000人を収容し、今年9月にはナイター競走にも対応可能な照明塔がダートコースに設置された。

   盛岡競馬場に出入りする関係者によると、厩舎の入り口には鉄製の門があり、ガードマンが常時在中しているという。厩舎に入る際には、厩舎関係者は通行証、メディアはIDを提示しなければならない。

   部外者が厩舎に侵入するのは極めて難しい状況にある一方で、見ず知らずの者が競走馬に薬物を注入するのもまた、不可能に近いという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中