2018年 11月 17日 (土)

「トランプ大統領」的中の木村太郎、中間選挙は予想ハズれる 安藤優子「この落とし前はどうするんだろう」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   上下院ともトランプ・共和党が勝利する――。

   米中間選挙について、前日にそう予想していたベテランジャーナリストの木村太郎氏(80)が、下院は民主党が過半数を確保して「ねじれ」現象になるとの情勢報道を受け、テレビ生放送で「予想はずれ」について解説した。

  • トランプ大統領は、中間選挙の結果をうけ、どう動く?(C)FAMOUS)
    トランプ大統領は、中間選挙の結果をうけ、どう動く?(C)FAMOUS)

上下両院での勝利を「確信」していた

   米中間選挙の開票が進むなか、2018年11月7日14時前(日本時間)、情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)が始まった。MCの安藤優子氏は冒頭近く、木村氏の前日予想がはずれたとして、「この落とし前はどうするんだろう」と、中間選挙の話題に触れた。番組では、米主要メディアの報道を受け、上院は共和党勝利、下院は民主党勝利の見通しという、大方の予想通りの情勢であることも伝えた。

   「グッディ!」では木村氏について、2016年の米大統領選の際、「トランプ氏の大統領当選なんてありえない」という予測が主流を占めていた頃から、「そんなことはない」と言い続け、「隠れトランプ支持者」の存在を重視する論評を展開し、「結果は(トランプ大統領の誕生という)その通りになった」と紹介。

   その木村氏は前日(11月6日)の「グッディ!」で、共和党が下院でも「接戦よりももっと(議席数を)取りそう」だと思わせるデータが出てきており、2年前の大統領選の時の展開と似ているとして、

「(共和党が下院でも勝利する)予感がしてます。予感じゃないな。(略)今、確信をし出しているところ」

と断言。フリップでも、上院・下院ともに「トランプ共和党」の勝利との予測を披露した。

「全体的には大勝利」

   そして翌7日の放送。先に触れた安藤氏の前振りに続き、出演者らが着席しての解説が始まった。「予想がはずれた」木村氏の様子について、「木村さん、元気をなくされている様にも見えませんか? そんなことはないですね...」と紹介した。上下院でねじれ現象となる見通しながら、トランプ大統領はツイッターで「Tremendous success tonight. Thank you to all!」(今夜はとてつもない成功だ。<略>)と発信したことにも触れた。

   予想との相違について説明を求められた木村氏は、共和党が上院では、開票途中の現段階で既に改選前と同じ議席数を確保し、さらに数議席伸ばしそうだとして、その重要性を指摘、

「共和党は下院で負けても全体的には大勝利」

と、トランプ大統領の「とてつもない成功」に沿うような認識をみせた。また、過去に行われた中間選挙では、大統領選の勝利政党が負ける例が圧倒的に多いが、今回については、

「(それを覆すほどの)隠れトランプがいると思ったが、いなかった」

と分析し、フリップには「ジンクスに勝てず?」と書いた。

   中間選挙の結果をうけ、トランプ大統領の対日姿勢に変化はあるのか。木村氏は、トランプ氏は再選をめざし、「日本に厳しくなる」との見立てを披露した。

   米CNNサイトによると、11月7日夕(日本時間)現在の議席数は、上院では「民主44―共和51」(残り5)、下院では「民主217-共和197」(残り21)となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中