2019年 1月 18日 (金)

メイウェザーだけじゃない開催トラブル 過去にはタイソン、内藤大助も

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   2018年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催される格闘技イベント「RIZIN14」に出場を予定していたボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーJr(米国)が、11月7日(日本時間8日)に、自身のインスタグラムを更新し、試合を行わないことを表明した。

   インスタグラムによると「先日アナウンスされた12月31日のイベントについてだが、まずはっきりさせておきたいのは、フロイド・メイウェザーは那須川天心との公式戦に決して同意していないということだ」と、RIZINと合意を結んでいないことを明かした。

   メイウェザーの声明は世界中で波紋を呼び、世界各国で一斉に試合中止が報道された。RIZINとの契約内容は明らかにされていないが、メイウェザーは「会見場に到着したら話が脱線していた」と書き込んでおり、契約内容を巡って認識の相違があったとみられる。

  • フロイド・メイウェザーJr(写真はインスタグラムから)
    フロイド・メイウェザーJr(写真はインスタグラムから)

高額ファイトマネー用意できず

   過去には、K-1がボクシングのヘビー級統一王者マイク・タイソン(米国)の参戦を計画し、本格的に交渉したことがあった。2003年大みそかに開催を予定していた異種格闘技イベントで、タイソンVSボブ・サップ(米国)戦を計画していた。

   K-1は2003年8月に米ラスベガスで行われた「K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGAS」にタイソンを招待。サップの試合後、リングに乱入したタイソンに向かってサップが「タイソン、次はお前だ」と挑発し、タイソンは「契約書にサインしな」と返答。ややショー的な色合いが強かったが、タイソンのK-1参戦の下地は出来た。

   この大会以降、本格的な交渉に入ったが、高額なファイトマネーが大きなネックとなった。ボクシング選手として晩年を迎えていたタイソンだったが、当時のファイトマネーは10億円を超えるとされ、主催者はこれを捻出出来ずに断念した。また、タイソンの犯罪歴による入国不可問題が生じたこともひとつの要因だった。

   日本のボクシング界では、2009年5月の内藤大助VS熊朝忠(中国)の世界戦の「ドタキャン」が大きな話題を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中