2019年 6月 25日 (火)

桜田五輪相「問い合わせ不可」に不満繰り返す 事前通告は「具体的な内容がなく...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   桜田義孝・五輪相が、国会質問をめぐり「(野党議員側から)全然、(事前)通告がなくて...」とした自身の発言を撤回した。当事者の蓮舫参院議員(立憲民主)が「事前通告はした」と反論していた。

   一部の「前打ち」報道では「謝罪へ」とした社もあったが、会見では謝罪の言葉は出なかった。あくまで、発言が「若干違っていた」と、「若干」の問題であるとの認識を示し、「(議員側から)問い合わせ不可とされたため...」と、恨み節ともとれる発言もあらためてつけ加えた。

  • 桜田大臣が11月9日に会見した(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が公開した動画より)
    桜田大臣が11月9日に会見した(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が公開した動画より)

「通告なし」と「接触禁止」最初からちぐはぐ

   桜田大臣は2018年11月9日、閣議後の記者会見に臨み、準備されたペーパーに目を落としながら

「通告が全然なかった、と申し上げたのは、事実と若干違うので撤回させて頂きたいと思っています」

と述べた。

   この問題の発端は、5日の参院予算委。大臣就任後の初国会だったが、答弁に窮する場面が相次ぎ、「ちぐはぐな答弁」と報じるメディアも。特に蓮舫氏とのオリンピック関連のやりとりの場面は、当日から翌日にかけたテレビニュースで何度も取り上げられた。

   その翌6日の会見で桜田大臣は、審議が何度も中断した問題について、

「全然、(事前)通告がなくて、何も分からないと。接触禁止ということの中で、残念な議会、こんなイメージ」

と発言した。その後も「通告なしに質問した人がいた」「接触禁止だと十分な準備ができない」と繰り返した。接触禁止を伝えてきた議員について質問が出ると、軽く首をかしげ、

「それは、みなさんの方がよく知ってるんじゃないですか?」

と軽く微笑み、

「昨日は通告なしで質問する人がいたということ。名指しはあえて避けたいと思います。みなさんもご承知のことだと思いますので」

と、蓮舫氏の名前は出さなかったが、メディアも「本人」も蓮舫氏のことと思ったようだ。もっとも、このやりとりは、「通告なし」問題と「接触禁止」問題が若干、ちぐはぐな感じになっている。

   その蓮舫氏は、その日のうちにテレビカメラも入るメディア取材に答え、

「全然通告がないとか、通告なしで質問する方がいたと仰られたようですが、私は通告をしています」

と反論した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中