2019年 4月 20日 (土)

BTS、ナチス連想の帽子姿も拡散 当時の韓国紙でも議論呼ぶ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   韓国のボーイズグループ「防弾少年団(BTS)」が原爆の写真が入ったTシャツ着用の問題でテレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演が中止されたが、今度は、別の問題がネット上で持ち上がっている。

   Tシャツ着用とは別のメンバーが、韓国のファッション誌で4年前、ナチスを連想させるような帽子を被っていたというのだ。

  • 防弾少年団の日本語版公式ファンクラブサイト
    防弾少年団の日本語版公式ファンクラブサイト

4年前の写真、Tシャツ問題きっかけに拡散

   黒い革ジャンを着たメンバーの1人が、片目を閉じたお茶目なポーズで座っている。手を当てたミリタリー風の緑色の帽子をよく見ると、目に飛び込んできたのは、あのハーケンクロイツだ。ナチス時代に使われていた、鷲と頭蓋骨のマークも描かれている。

   このグラビア写真は、2014年9月に発売されたファッション誌「CeCi(セッシ)」のフォトブックに掲載された。

   Mステ出演中止が騒ぎになると、2ちゃんねる(5ちゃんねる)のスレッドに、ヤフーオークションに18年11月に入って出された雑誌の写真が転載された。すぐに拡散されて、「これやばくね?」「英語圏でも終わりたいのか」などと物議を醸している。

   実は、雑誌が発売された当時、韓国でも問題視する声が出ていた。

   大手紙「中央日報」の14年12月8日付日本語ウェブ版コラム「時論」で、韓国に住むユダヤ人の機内誌編集者が、別の韓国ガールズグループがナチの軍服とそっくりな衣装を着ていた問題を取り上げた中で、BTSメンバーがハーケンクロイツの入った帽子を被っているグラビアを目にしたと報告していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中