2018年 11月 17日 (土)

11月10日は「トイレの日」だけど... 便座のO形とU形の違い、知ってますか?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   誰もが毎日、お世話になっているトイレ。もちろん、記者もそうだ。そのたびに、ふと思うことがある。

   便座の形が、なんか、ちょっと違う...。

   アルファベットでいうところの「O形」と「U形」があるのだ。不思議だ...。なんでだろう......?

   奇しくも、11月10日は「いいトイレ」の語呂合わせで「トイレの日」だそうだ。ということで、国内最大手メーカーであるTOTOに聞いてみた。

  • TOTOの最新式トイレ。見た目も美しい。ちなみに「ウォシュレット」という名前は同社の登録商標
    TOTOの最新式トイレ。見た目も美しい。ちなみに「ウォシュレット」という名前は同社の登録商標
  • 現在では広く普及している「O形」便座(TOTO提供)
    現在では広く普及している「O形」便座(TOTO提供)
  • 一方で、徐々に数が少なくなってきている「U形」便座(TOTO提供)
    一方で、徐々に数が少なくなってきている「U形」便座(TOTO提供)

男性の「局部」が当たるのを避けるため「U型」が

   因みに、記者の自宅便座は「O形」である。またJ-CAST社内の便座も「O形」だ。しかし、たまに飲食店や公衆トイレに入ると「U形」の便座に遭遇することもしばしば。...この違い、なんで?

   TOTO広報に取材したところ、

「そもそも、今のような洋式便器は、19世紀にイギリスやアメリカで発明されたといわれています。そんな中、便座を使用する目的だったのは『座った時にヒヤッとするのを解消すること』と『便器の縁の汚れを覆うこと』だったようです。
   では、なぜ、手前の部分を削ったタイプ(U形)が生まれたかというと『体格のいい男の人が座った時、O形の便座だと、便座の前の部分に局部が触れる』ことがあったからだそうです」

   へぇ~! 確かに、大きな男性が便座に座った場合、オチ〇チ〇が直接、便座に触れてしまうことが考えられる。19世紀は、感染症などを心配する声もあり、衛生面からの考慮が必要だった。そのために「O形」の真ん中を切って「U形」にしたということか。

なのになぜ「U形」は廃れてしまった?

   ただ、昨今の便座は、比較的「O形」が多いような気がする。 衛生面に気を遣うのは、今も昔も同じ。なのに、なぜ「O形」が普及しているのだろう?

   これには、日本家屋との関係があるようだ。かつて、トイレは「和式」が一般的だった時代、同じ間取りのまま、便器だけを「洋式」に取り換えるケースが多かったという。

   そのため「和式の間取りに合わせて洋式トイレを設置」→「しかし、大柄の男性には局部が便座に触れてしまい、不衛生」→「よって『U形』が主流となった」そうだ。

   しかし、1950年代後半以降の高度成長期になると、マンションをはじめとした日本家屋の欧米化が一気に進行した。その結果、トイレのスペースも以前より拡大。より大きな便座をおけるようになり、大型の男性も気にすることなく座れるようになった。

   加えて、

「『U形』より『O形』の方が、便座の強度的にも優れていますよね。また近年では当たり前となっている『暖房便座』の観点からみても『O形』が普及していったと考えられます」

と担当者は言う。

   一説によると、人が一生に排泄する回数は、大小合わせて約20万回にも及ぶという。「トイレの日」を機に、ご自宅のトイレを見直してみよう! ヒット曲「トイレの神様」のように「べっぴんさん」になれるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中