2019年 11月 19日 (火)

BTSの「原爆Tシャツ騒動」、韓国メディアはどう報じた?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ここ数日、世間を賑わせている「BTS原爆Tシャツ問題」。

    世界的な人気を誇る韓国のヒップホップアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」のメンバーの1人が、日本への原爆投下の写真がプリントされているTシャツを着ていたことが物議を醸し、2018年11月9日の「ミュージックステーション(Mステ)」(テレビ朝日系)への出演が前日になって急遽見送りとなった。

   この騒動、韓国の主要メディアはどのように伝えているのか。

  • 物議を醸したTシャツ(画像はブランド通販サイトより)
    物議を醸したTシャツ(画像はブランド通販サイトより)

東スポを「極右性向メディア」

   「朝鮮日報」(日本語版)は10日、「Mステが防弾少年団出演見送り、『原爆Tシャツ』を問題視」と題した記事を公開。Mステ出演見送りの理由を「日本の極右勢力」がBTSの番組出演に抗議したためだと思われる、と指摘した。

   また東京スポーツの10月26日の報道にも言及、東スポを「極右性向メディア」と位置付けた。

   名指しされた東スポの記事では、例の原爆Tシャツが韓国のインターネットニュースで10月中旬に紹介されていたことや、リーダーのRMが2013年の光復節(解放記念日)に「今日は光復節。歴史を忘れた民族には未来はありません」とツイートしていたことに触れ、「あまりに非常識」「反日姿勢を隠すことがない」などと批判的に取り上げていた。

   そもそも「原爆Tシャツ」が日本で注目を集め始めたのは、10月中旬ごろ。SNSでの話題を「ZAKZAK」など複数メディアが取り上げたほか、高須クリニックの高須克弥院長もツイッターで反応するなどして拡散していった。

   そのため東スポが初出というわけではないのだが、朝鮮日報では東スポの報道が騒動の背景にあると考えているようだ。記事では他に、日本国内のSNSで批判派と擁護派の意見がぶつかり合っているとも伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中